2011年07月21日

世界一を予感させた決勝前日会見-なでしこ

Number Web 7月21日(木)12時1分配信

 大会前から、指揮官やなでしこたちがそろって繰り返した言葉があった。

「今、このメンバーで勝てなかったらいつ勝てる?」

 費やしてきた時間、重ねてきた経験、選考の末に最終的に淘汰されての21人だという自信、そのすべてが一人残らず全員にみなぎっていた。

 決勝翌日、そう言い続ける理由を尋ねられた澤穂希は、

「うーん。なんでだろう。この子たちとなら勝てると思ったというか、そうとしか思えなかった」

 この自信こそが、4位という、その時点での最高成績をおさめた北京五輪当時との大きな違いだ。

続きを読む
posted by 宝島S at 23:00| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全英屈指の難コースで見えた、石川遼に足りない二つのもの

Number Web 7月21日(木)19時0分配信

「遼には遼、俺には俺の考え方がある」

 用意されたソファにどっかと腰を下ろして池田勇太は言った。

 昨年11月、ダンロップ・フェニックス3日目の記者会見場。前週の試合ではスイング改造に取り組み始めたばかりの石川遼が優勝していた。それを受けて、この大会でトップを走る池田にもスイングに対する質問が飛んだのだった。

「俺に決まったスイングはない。毎日違うから、調子が悪いときは悪い。そのうちよくなるからほったらかし。細かくこうしよう、ああしようとはならない。練習場の真っ平らなところで全く同じショットが打ててもコースでは同じようには打てないし、それよりもいろんな状況に対応できる打ち方を編み出すほうが大事」

続きを読む
posted by 宝島S at 22:37| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

<なでしこ世界一>各国に驚き…メディアがトップ級の扱い

毎日新聞 7月18日(月)21時9分配信

 【ブリュッセル斎藤義彦】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)での、日本(なでしこジャパン)の初優勝を欧州のメディアは「驚き」(仏ルモンド紙、電子版)をもってトップ級のニュースとして報じた。プレーの正確さや「粘り強さ」を称賛するとともに、東日本大震災を克服しようとする「何か大きな力」(米ゴールキーパー・ソロ)が勝利を呼び込んだとの見方を伝えた。

 開催地ドイツのメディア(電子版)の多くは他の政治、経済ニュースを押しのけて日本の優勝をトップで扱った。フランクフルター・アルゲマイネ紙は、「今大会で最も粘り強いチームの組織力の勝利」とたたえた。南ドイツ新聞は、鋭い縦パスでチャンスを作り出した攻撃を「すし職人の包丁さばきのようにピッチを鋭く切り裂いた」と称賛した。

 一方、英ガーディアン紙は「3月の地震と津波でいまだに動揺している国民に、心の安らぎを与えるという偉大な目標に日本チームは常に動かされていた」と分析。米FWワンバックも「米国以上に日本はチームが勝つことを必要としていた。彼女らは決してあきらめなかった」と話した。

 ◇米国「被災地励ます」

続きを読む
posted by 宝島S at 22:52| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<サッカー女子W杯>日本、初優勝 PK戦で米破る

毎日新聞 7月18日(月)6時21分配信

 【フランクフルト(ドイツ)江連能弘】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は17日(日本時間18日)、当地で決勝を行い、日本(なでしこジャパン)がPK戦の末、世界ランキング1位の米国を降し、初優勝した。年齢制限がないフル代表の国際大会で日本が優勝するのは男女を通じて初めて。澤(INAC)が通算5得点で大会得点王になり、大会の最優秀選手にも選ばれた。

 日本は前半、米国の縦への速い攻めに再三ゴールを脅かされたが、無失点でしのいだ。後半半ば、速攻からモーガンに先制を許したが、35分過ぎ、右クロスのクリアボールを、ゴール前に詰めていた宮間(岡山湯郷)が押し込み同点とした。

 延長前半の終了直前、ワンバックに頭で決められ、勝ち越されたが、延長後半、左CKから澤が押し込み再び追い付き、PK戦で決着がついた。

続きを読む
posted by 宝島S at 22:47| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

X JAPANメンバーから、突然のTAIJIの悲報をうけ悲しみのコメント

BARKS 7月18日(月)18時52分配信

突然のTAIJIの悲報をうけ、X JAPANのメンバーからコメントが届いた。

各メンバーは非常に心を痛めており、精一杯の言葉をつむいでいるが、「言葉にならない」とはまさにことだろう。なお、現在多くのファンからマネージメントサイドへ、今後のスケジュールについての問い合わせが殺到しているというが、現時点ではX JAPANのワールドツアーは全て予定通り行われる予定だ。もちろんTAIJIもそれを望んでいることだろう。

TAIJIもHIDEも、天国からX JAPANの怒涛の快進撃を楽しみにしているはずだから。

●YOSHIKIコメント

続きを読む
タグ:TAIJI 悲報
posted by 宝島S at 19:31| 神奈川 ☁| ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。