2011年07月28日

バイエルン宇佐美がバルセロナ相手に好プレー連発

SOCCER KING 7月28日(木)8時22分配信

 27日にアウディカップ決勝が行われ、バイエルンの日本代表MF宇佐美貴史が移籍後初のフル出場を果たした。

 攻撃的MFでスタメン出場した宇佐美は、キレのあるドリブルで相手を振り切りクロスを上げるなど、バルセロナ相手に好プレーを披露。37分には前線に決定的なパスを通しチャンスを演出するも、得点にはつながらなかった。

 試合はチアゴ・アルカンタラの2得点でバルセロナが2−0で勝利し、大会を制している。

 ミラン対インテルナシオナルの3位決定戦は2−2のまま90分を終え、PK戦2−0でインテルナシオナルが勝利を収めている。

posted by 宝島S at 16:56| 神奈川 ☁| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

熊谷、ツイッター騒動を謝罪=酒席の発言「事実ではない」

時事通信 7月22日(金)16時13分配信

 サッカー女子のワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝したなでしこジャパンのDF熊谷紗希(フランクフルト)が酒席で取ったとされる言動が簡易ブログ「ツイッター」で発信された騒ぎについて、同選手は「軽はずみな行動がこういう事態を招いた。申し訳ない」と22日に謝罪した。佐々木則夫監督も同日、「注目度が上がっていたのに、指導不足だった。応援してくれた方に、誤解や不愉快な思いを与えた」と釈明した。熊谷は17日の米国との決勝戦で、優勝を決めるPKを蹴った選手。

 問題のツイッターは20日夜、熊谷が個人で参加した席の様子として、男性により書き込まれていた。この中で監督やチーム事情について触れた内容について、熊谷は「書かれていることは事実ではない」と強調。東京都内で記者会見した佐々木監督も本人から事情説明を受けたとし、「全面的に彼女を信頼している。書き込みは全く気にしていない」と話した。

 熊谷は22日にさいたま市の清水勇人市長を表敬訪問後、報道陣の取材に応じた。男性が同席した宴席については「お祝いの集まりで、合コンという認識では出なかった。今後そういう場には行きません」と苦笑いして話した。
posted by 宝島S at 23:56| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

世界一を予感させた決勝前日会見-なでしこ

Number Web 7月21日(木)12時1分配信

 大会前から、指揮官やなでしこたちがそろって繰り返した言葉があった。

「今、このメンバーで勝てなかったらいつ勝てる?」

 費やしてきた時間、重ねてきた経験、選考の末に最終的に淘汰されての21人だという自信、そのすべてが一人残らず全員にみなぎっていた。

 決勝翌日、そう言い続ける理由を尋ねられた澤穂希は、

「うーん。なんでだろう。この子たちとなら勝てると思ったというか、そうとしか思えなかった」

 この自信こそが、4位という、その時点での最高成績をおさめた北京五輪当時との大きな違いだ。

続きを読む
posted by 宝島S at 23:00| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全英屈指の難コースで見えた、石川遼に足りない二つのもの

Number Web 7月21日(木)19時0分配信

「遼には遼、俺には俺の考え方がある」

 用意されたソファにどっかと腰を下ろして池田勇太は言った。

 昨年11月、ダンロップ・フェニックス3日目の記者会見場。前週の試合ではスイング改造に取り組み始めたばかりの石川遼が優勝していた。それを受けて、この大会でトップを走る池田にもスイングに対する質問が飛んだのだった。

「俺に決まったスイングはない。毎日違うから、調子が悪いときは悪い。そのうちよくなるからほったらかし。細かくこうしよう、ああしようとはならない。練習場の真っ平らなところで全く同じショットが打ててもコースでは同じようには打てないし、それよりもいろんな状況に対応できる打ち方を編み出すほうが大事」

続きを読む
posted by 宝島S at 22:37| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

<なでしこ世界一>各国に驚き…メディアがトップ級の扱い

毎日新聞 7月18日(月)21時9分配信

 【ブリュッセル斎藤義彦】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)での、日本(なでしこジャパン)の初優勝を欧州のメディアは「驚き」(仏ルモンド紙、電子版)をもってトップ級のニュースとして報じた。プレーの正確さや「粘り強さ」を称賛するとともに、東日本大震災を克服しようとする「何か大きな力」(米ゴールキーパー・ソロ)が勝利を呼び込んだとの見方を伝えた。

 開催地ドイツのメディア(電子版)の多くは他の政治、経済ニュースを押しのけて日本の優勝をトップで扱った。フランクフルター・アルゲマイネ紙は、「今大会で最も粘り強いチームの組織力の勝利」とたたえた。南ドイツ新聞は、鋭い縦パスでチャンスを作り出した攻撃を「すし職人の包丁さばきのようにピッチを鋭く切り裂いた」と称賛した。

 一方、英ガーディアン紙は「3月の地震と津波でいまだに動揺している国民に、心の安らぎを与えるという偉大な目標に日本チームは常に動かされていた」と分析。米FWワンバックも「米国以上に日本はチームが勝つことを必要としていた。彼女らは決してあきらめなかった」と話した。

 ◇米国「被災地励ます」

続きを読む
posted by 宝島S at 22:52| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<サッカー女子W杯>日本、初優勝 PK戦で米破る

毎日新聞 7月18日(月)6時21分配信

 【フランクフルト(ドイツ)江連能弘】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は17日(日本時間18日)、当地で決勝を行い、日本(なでしこジャパン)がPK戦の末、世界ランキング1位の米国を降し、初優勝した。年齢制限がないフル代表の国際大会で日本が優勝するのは男女を通じて初めて。澤(INAC)が通算5得点で大会得点王になり、大会の最優秀選手にも選ばれた。

 日本は前半、米国の縦への速い攻めに再三ゴールを脅かされたが、無失点でしのいだ。後半半ば、速攻からモーガンに先制を許したが、35分過ぎ、右クロスのクリアボールを、ゴール前に詰めていた宮間(岡山湯郷)が押し込み同点とした。

 延長前半の終了直前、ワンバックに頭で決められ、勝ち越されたが、延長後半、左CKから澤が押し込み再び追い付き、PK戦で決着がついた。

続きを読む
ラベル:女子W杯 初優勝
posted by 宝島S at 22:47| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

なでしこ、1−0で独下し史上初の4強 女子W杯

サンケイスポーツ 7月10日(日)6時16分配信

 サッカー・女子ワールドカップドイツ大会は9日(日本時間10日)準々決勝を行い、日本は3連覇を狙う開催国のドイツを延長の末、1−0で下し、史上初の4強へと駒を進めた。

 日本は0−0で迎えた延長後半3分、沢の右サイドへのパスに走りこんだ丸山がディフェンダーと競り合いながらゴール左隅に決めて1−0と先制。その後のドイツの猛攻をしのぎきった。

 日本は日本時間の14日未明、豪州とスウェーデンの勝者と準決勝を行う。
posted by 宝島S at 22:44| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFAがドイツの無敗記録を止めたなでしこを称賛

SOCCER KING 7月10日(日)15時5分配信

 9日に女子ワールドカップ準々決勝が行われ、日本は大会2連覇中の開催国ドイツを延長戦の末1−0で破り、初のベスト4進出を決めた。

 3連覇を狙うドイツを下したなでしこジャパンは、同じく準々決勝でイングランドをPK戦の末に下したフランスともに初のベスト4進出。FIFAは公式サイト上で、「日本とフランスは歴史をつくった」と称賛した。

 さらに、なでしこはこの勝利で、1999年アメリカ大会準々決勝でアメリカに2−3で敗れて以来、約12年もの間続いていたドイツのワールドカップ無敗記録を15試合でストップさせた。FIFAはなでしこの戦いぶりに、「日本は粘り強い戦いでドイツを唖然とさせた」と評価している。

ラベル:ドイツ なでしこ
posted by 宝島S at 22:40| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

なでしこ、大会3連覇を目指す強豪ドイツと準々決勝で対戦/女子W杯

SOCCER KING 7月6日(水)5時41分配信

 5日、女子ワールドカップのグループB最終節が行われ、なでしこジャパンはイングランドと対戦した。

 グループ首位通過を果たしたい日本だったが持ち前のパスワークを披露できずにいると、15分、イングランドのエレン・ホワイトにループシュートを決められてしまう。さらに65分、一瞬の隙をつかれてレイチェル・ヤンキーに得点を許し、0−2に。

 結局、日本はイングランドに0−2で敗戦。イングランドがグループ1位通過を決め、日本は2位での決勝トーナメント進出となっている。

 また、日本対イングランドの試合が終了した後に行われたグループAの首位決戦、ドイツ対フランスは、開催国のドイツが終始先手をとる展開に。開催国ドイツは大声援の後押しもあり、4−2で勝利し、グループ突破を決めた。

 この結果、準々決勝の組み合わせはドイツ対日本、イングランド対フランスに。なでしこジャパンは、女子ワールドカップ2連覇中のドイツという強敵と直面することになる。

posted by 宝島S at 23:37| 神奈川 ☁| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

【U-17】「日本はまるでバルサ」史上最高のチームがブラジルに挑む

スポルティーバ 7月1日(金)12時44分配信

 メキシコのサッカーファンの目は厳しい。17歳以下の若い選手たちによる大会であろうと、つまらない試合をすれば、容赦なくブーイングを浴びせる。

 だが、その一方で、彼らを納得させるサッカーを見せることができれば、大声援で後押ししてもらえるということでもある。

「ハーポン、ハーポン!」

 この日、試合中に何度となくスタンドから起きた「ハポン(スペイン語で日本)・コール」は、日本のサッカーがメキシコの人々の心を、がっちりとつかんでいることを意味していた。

続きを読む
ラベル:U-17 日本 バルサ
posted by 宝島S at 17:06| 神奈川 ☁| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。