2008年04月26日

木村拓哉と張り合う織田裕二に勝算あるのか

4月26日10時1分配信 日刊ゲンダイより

●キムタクはスタートしていないのに
 織田裕二(40)が“キムタク超え”にシャカリキになっている。7月クールの「月9ドラマ」(フジテレビ)に主演することが決まったという。

 今クールの月9は木村拓哉主演の「CHANGE」(フジテレビ)が5月から放送される。まだスタートしていないのに、早くもその“後枠”に注目が集まっているのだ。

「織田にとっては04年の『ラストクリスマス』以来、4年ぶりの月9主演になります。タイトルは未定ですが、理髪店を舞台にした物語になる予定です。高視聴率を確実視されている『CHANGE』を意識して、織田は今から気合満点です」(テレビ関係者)

 これまでも、織田は木村に対抗心をムキ出しにしてきた。

 昨年は、木村の主演ドラマ「華麗なる一族」(TBS)の直後の同じ枠の「冗談じゃない!」に主演。木村が時代劇に初挑戦した映画「武士の一分」に対抗するかのように、織田の「椿三十郎」が公開された。
ドラマ対決は木村の平均視聴率23.9%に対し、織田は13.4%。映画は木村が興収41億円に対し、織田は12億円と、いずれも木村が上回った。今回の“月9戦争”も織田の劣勢に思える。

 しかし、織田には切り札がある。映画「踊る大捜査線パート3」の製作が決まったのだ。98年の映画版第1弾は興収101億円、03年の第2弾は興収173.5億円で実写邦画の歴代1位を記録した。一時は不可能といわれていた第3弾が実現するとなれば、話題性はハンパじゃない。

「フジが『パート3』の製作を発表したのは、木村が出演する『カップヌードル』の新CM発表と同日で、ほとんどのマスコミは『パート3』の方を大きく扱っていました。『パート3』の話題は今後も続くし、織田の月9ドラマにとって好材料です」(マスコミ関係者)

 昨年、木村が主演したフジのドラマの映画版「HERO」は興収80億円だったが、「パート3」がそれを超えるのは間違いないだろう。

 織田の巻き返しから目が離せない。
posted by 宝島S at 13:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94755523

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。