2008年03月30日

札幌市立中の女子制服がスカートからズボンへ

3月30日8時1分配信 スポーツ報知より

札幌市南区の市立南が丘中学校(全校生徒約400人)が、2008年度の新入生から、女子生徒の制服を通年、スカートではなくズボンにする。氷点下10度を下回る極寒の冬を健康に乗り切るための対策で、全国の中学、高校でも極めて珍しい。来年度の女子新入生からは「スカートがはきたかった」の声が上がる一方、学校に届くのは「よくやった」の好意的な反応が大半という。

 南が丘中学校の小野泰裕教頭によると、標準服と呼ばれるこれまでの制服は紺のブレザーに赤いネクタイ、グレーのチェックのスカートというもの。スカートの丈は「座ってひざが隠れる」長さを規定していたが、太ももまで短くし、見るからに寒そうなイマドキの女子もいるという。

 女子の冬の通学ファッションはナマ足にソックスのみか、スカートの中にウインドブレーカーのズボンを着用するいわゆる「はにわルック」派が大半。最近の女子は「タイツやストッキングをはきたがらない」傾向があるそうだ。

 しかし、ここは冬になると氷点下10度を下回る日が続くこともある極寒の地。「ナマ足派」の女子生徒が「寒さでひざを真っ赤にして通ってくるのが痛々しかった」(小野教頭)という。今年の学校創立25周年を機に制服のリニューアルを計画していた同校では、生徒の健康管理を重視。検討委員会で議論を重ねながら「ズボン化」に動き出していた。

 この4月からは、原則として女子の制服はグレーのブレザーとスラックスに。毛30%、ポリエステル70%で自宅で丸洗いが可能。「オプションとして」(小野教頭)だが夏季(5〜9月ごろ)はスカートも認められるという。
入学を控えた女子新入生からは「どんなに寒くても女の子らしいスカートをはきたい」「暖かいと思うけど、着こなしが難しそう」「他校のチェックのスカートにあこがれてしまう」などと「ズボン化」に複雑な思いが聞かれた。保護者からも「式にはスカートをはかせたい」という希望があったが、大半は納得。なお男子生徒から「スカートがいい」との声は特に出ていないという。

 あくまでも生徒の健康管理のためという学校側だが、具体的な健康被害についての説明はなかった。「ズボン化」については南が丘中には、他校関係者から手順の問い合わせがあったり、生徒の母親世代の女性から「勇気ある決断」との手紙も届いたという。

 その背景には「はにわルック」への反発がありそうだ。すっかり定着している「はにわ」だが、服装の乱れという観点から批判する声もあり、「見苦しい」と禁止した学校もあるという。「ズボン」に替えれば実質的に「はにわ」は消滅することになる。ちなみに南が丘中では「はにわ」を防寒のための工夫ととらえ、生徒が登校後ズボンを脱ぐ習慣もあるため容認してきた。

 すでに氷点下20度以下の日もある北海道深川市の深川東高校で、冬季限定でズボンを義務化した例がある。札幌市内の学校ではスカートとズボンの選択制にしている学校が多い。しかし実際はズボン派の生徒はごく少数だった。
posted by 宝島S at 16:11| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
深川東高校教師逮捕
Posted by 永江 at 2010年08月04日 08:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91595191

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。