2011年07月27日

ガガ様、菅にカンカン!「福島ライブ」実現しないワケ

夕刊フジ 7月27日(水)16時56分配信

 来日で数々のパフォーマンスを見せ、日本人に元気をくれた米人気歌手のレディー・ガガ(25)。東日本大震災への支援に感謝して菅直人首相がバラを渡した場面は記憶に新しい。ガガは、このとき日本に対して福島復興のチャリティーコンサートを現地で開くことを約束したのだが、官邸サイドから返事が一向に来ないのだという。せっかくの好意を無にするつもりなのか。

 音楽関係者によると、ガガは離日する直前の6月30日、菅首相から感謝のバラとメッセージを受け取ると、その気持ちに答えるように、“フクシマコンサート”の開催を約束。官邸からの返事を心待ちしてしているという。

 だが、あれからもうすぐ1カ月。官邸からの返事はなく、しびれを切らしている。その内情を政府に近い関係者が明かした。

 「ありがたい話なのに、決断ができない。菅首相はいつ退陣するかわからないため、責任が取れない。話は枝野官房長官のところで止まっているようだ。新政権下で、人気取りのためにガガのコンサートを行いたい思惑があるのでは、と勘ぐってしまう」

 いやはや。なんと情けないことか。「コンサート会場の確保もネックとなっている」というのが、言い訳らしい。

 確かにガガのコンサートともなると数万人規模の大会場が必要。これまでに会津若松市や郡山市の運動場や裏磐梯のリゾート地「グランデコ」などが会場候補として密かにリストアップされているが、いずれも大人数を収容しきれない。

 告知や周辺警備も含めて2カ月前には決めたいところ。10月を過ぎると、山間部では寒さが厳しくなり、屋外での開催がますます困難になる。

 東北で実績のあるイベント会社幹部は、「福島でやらなければ意味がない。要は、やる気。やろうと思えばどこでもできる。福島は広いし会場は探せるはず」として挙げた実例が、1974年8月、郡山市の運動場で開かれたロックイベント「ワンステップフェスティバル」。米国からオノ・ヨーコも駆けつけ、数万人の動員実績があった。

 6月のガガの来日で、テレビに取り上げられた放送時間を広告価値に換算したところ107億4180万円の効果があったと、テレビマーケティングの「エム・データ」の調査が発表している。

 フクシマからガガが発信する安全メッセージの経済効果は、計り知れないのだが…。
ラベル:ガガ 福島ライブ
posted by 宝島S at 23:43| 神奈川 | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。