2011年07月22日

ギリシャ国債「部分的デフォルト」…フィッチ

読売新聞 7月22日(金)21時17分配信

 【ブリュッセル=中沢謙介】欧米格付け会社フィッチ・レーティングスは22日、ユーロ圏17か国が決めたギリシャに対する第2次支援策の内容が、ギリシャ国債の「部分的デフォルト(債務不履行)」に該当するとの声明を発表した。

 正式にデフォルトに格下げされれば、ユーロ圏の国で初めてとなる。

 ギリシャ支援には、民間金融機関が、保有するギリシャ国債を償還期限30年の超長期国債に交換するなどの形で参加し、ギリシャの資金繰りを支援している。フィッチはこれが、投資家に当初より悪い条件への変更を求める、デフォルトに当たると判断した。
posted by 宝島S at 22:40| 神奈川 ☀| ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。