2011年07月08日

6月景気ウォッチャー調査は過去最大の改善幅

ロイター 7月8日(金)15時0分配信

 [東京 8日 ロイター] 内閣府が8日に発表した6月の景気ウォッチャー調査では、景気の現状判断DIが49.6で、前月比13.6ポイントと統計開始以来の最大の上昇となり、DIは震災前の水準を上回った。3カ月連続の上昇。企業動向関連、家計動向、雇用関連がともに2桁の上昇となり、消費自粛の動きや生産停滞などの影響が薄れ、街角景気のマインドが元の状況に戻ってきたことをうかがわせる。

 2─3カ月先を見る先行き判断DIは49.0で、前月比4.1ポイント上昇。震災以降先行き判断が先んじて大幅改善を見せてきたが、6月は現状DIの上昇幅に比べると小幅にとどまった。この結果、現状、足元ともにDIは同程度の水準に並び、景気の良い、悪いの分かれ目となる50に近づいてきた。

 内閣府は、景気ウォッチャー調査の判断の表現を「景気の現状は東日本大震災の影響による厳しさが残るものの、持ち直しの動きがみられる」に変更した。

 家計動向では大震災の影響で冷え込んでいた消費マインドが徐々に回復、購買意欲が戻りつつあることに加えて、猛暑や節電に伴い省エネ関連の季節商材の売り上げ好調が寄与した。企業動向では、原材料などの供給不足が解消されつつあり、生産活動が回復していることが上昇要因。雇用では、生産活動回復に伴う求人増加が上昇要因となった。

 先行きは、消費者や企業が不透明感を持っている一方で、被災後の復旧需要や消費マインドの回復が期待されているため、上昇した。
posted by 宝島S at 22:12| 神奈川 ☀| ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。