2011年06月29日

IMF専務理事にラガルド氏選出、初の女性トップ

ロイター 6月29日(水)6時27分配信

 [ワシントン 28日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)は28日の理事会で、フランスのラガルド経済・財政・産業相を次期専務理事に選出した。

 任期は5年で、7月5日に就任する。

 IMFは「候補者に関する全ての情報を考慮した結果、理事会は総意によりラガルド氏選出に至った」との声明を発表した。

 女性のIMFトップ就任は初めて。

 専務理事にはメキシコ中央銀行総裁のカルステンス氏も立候補していたが、米国に加え、ブラジル、中国、ロシアがラガルド氏の支持に回ったことで、同氏の選出が確実視されていた。
posted by 宝島S at 20:21| 神奈川 ☀| ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。