2010年11月29日

米ネット通販額、13%増=景気に明るい兆しも

時事通信 11月29日(月)11時41分配信

 【シリコンバレー時事】米調査会社コムスコアが28日発表した同国歳末商戦序盤のインターネットを通じた小売売上高(旅行除く)は、前年同期比13%増の116億3900万ドル(約9800億円)と2年連続でプラスだった。店頭の行列や混雑を回避できるネット通販は近年急拡大を続けており、消費が例年低調な感謝祭当日の25日に3割近く増えたのが特徴。

 対象期間は11月以降、感謝祭翌日に小売り各社が値引き合戦を演じる「ブラックフライデー」(今年は26日)まで。年末商戦が本格化するブラックフライデーのネット売上高は9%増の6億4800万ドル(約550億円)に達し、不透明な景気の先行きに明るい兆しもみられた。 

posted by 宝島S at 20:20| 神奈川 | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。