2010年11月28日

賞金王争いはシーズン最終戦のゴルフ日本シリーズJTカップへ持ち越し

ISM 11月28日(日)16時0分配信

 国内男子ツアーのカシオワールドオープンは28日、高知県のKochi黒潮カントリークラブを舞台に最終ラウンドの競技を行い、松村道央が通算13アンダーで並んだ金度勲(韓)とのプレーオフを制して優勝。10月のコカ・コーラ東海クラシックに続く今季2勝目を挙げ、優勝賞金4,000万円を獲得した。

 また、賞金ランク3位の池田勇太は通算10アンダー5位タイ、同ランク2位の石川遼は通算9アンダー8位タイ、同ランクトップの金庚泰(韓)は通算5アンダー20位タイ。今大会で金庚泰が石川と池田より上位に入り、かつ石川より800万円多く賞金を加算すれば賞金王が確定するところだったが、上記の結果に終わったことで賞金王争いはシーズン最終戦のゴルフ日本シリーズJTカップへ持ち越し。なお、石川と池田が金庚泰を逆転して賞金王に輝くためには最終戦での優勝が絶対条件となる。
posted by 宝島S at 16:39| 神奈川 | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。