2010年10月29日

日本、0−2から大逆転!ポーランド下し白星発進/世界バレー

サンケイスポーツ 10月29日(金)21時13分配信

 バレーボール女子の世界選手権は29日、東京・国立代々木競技場など国内4会場で1次リーグが開幕。日本はポーランドと対戦し、26−28、21−25、25−20、25−23、15−12とフルセットの末、セットカウント3−2で逆転勝利した。

 日本は第1セット途中、1年ぶりに主要国際大会のメンバーに復帰した栗原を投入。デュースに持ち込み粘ったが、26−28で惜しくも落とした。第2セットも21−25で続けて落としたが、第3セットはサービスエースを決めた木村の活躍などで25−20で奪った。続く第4セットもママさん選手の山本の活躍などで25−23と連取した。

 試合は第5セットまでもつれ込み、勢いづいた日本がポーランドのミスにも助けられ、15−12で奪取。セットカウント0−2から大逆転で勝利した。昨年の真鍋監督就任以降1勝5敗と苦手としているポーランドを下し、78年大会(ソ連)以来32年ぶりのメダルを狙う日本は幸先のよい白星スタートを切った。

posted by 宝島S at 22:42| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。