2010年10月28日

斎藤の交渉権、日本ハムに=大石西武、沢村は単独で巨人―ドラフト会議

時事通信 10月28日(木)17時27分配信

 斎藤の交渉権は日本ハムに―。プロ野球のドラフト(新人選択)会議が28日、東京都内で行われ、4年前に夏の甲子園で優勝した斎藤佑樹投手(早大)に1位指名で4球団が重複し、抽選で日本ハムが交渉権を獲得した。斎藤には日本ハムのほかヤクルトとロッテ、ソフトバンクが競合した。

 ともに150キロ台後半の速球を投げる大石達也投手(早大)は西武、沢村拓一投手(中大)は巨人が交渉権を獲得。西武は横浜、楽天、広島、オリックス、阪神との競合で渡辺監督が最後の6番目にくじを引いた。巨人は単独で1位指名した。

 中日は大野雄大投手(仏教大)を単独1位指名。抽選に外れた球団では広島が福井優也投手(早大)の交渉権を獲得し、ドラフト史上初めて同一の大学から投手3人が同時に1位指名を受けた。

 外れ1位でも塩見貴洋投手(八戸大)と伊志嶺翔大外野手(東海大)に各2球団が競合するなど計3度の抽選があり、楽天が塩見、ロッテが伊志嶺を引き当てた。ヤクルトは「外れ外れの1位」でオリックスと競合した山田哲人内野手(大阪・履正社高)の交渉権を獲得。阪神は榎田大樹投手(東京ガス)、横浜は須田幸太投手(JFE東日本)、ソフトバンクは山下斐紹捕手(千葉・習志野高)、オリックスは後藤駿太外野手(群馬・前橋商高)の交渉権を得た。
posted by 宝島S at 18:22| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。