2010年03月29日

地下鉄連続爆発は女性2人の自爆テロ、チェチェン勢力が犯行声明

3月29日19時27分配信 CNN.co.jp

モスクワ(CNN) モスクワ中心部にある地下鉄駅2カ所で29日朝起きた連続爆発で、同市のルシコフ市長は同日、女性の自爆犯2人が関与しているとの見方を明らかにした。連邦保安庁(FSB)の情報としている。

自爆犯は列車が地下鉄駅に接近中、被害の拡大を狙って起爆させたとも述べた。使った爆薬は300─400グラムとしている。ロシア南部チェチェン共和国の独立を目指す武装組織がウェブサイトで犯行声明を掲載したが、真偽は不明。

FSBのボルトニコフ長官は、チェチェン共和国も含まれる北カフカス地方に拠点があるテロ組織の犯行と明言。初期段階の現場検証を受け、自爆犯の遺体に同地方出身者の特徴が見だされたと明らかにした。

ロシアの緊急事態省によると、爆発で少なくとも35人が死亡、40人が負傷。爆発は最初にルビャンカ駅で発生、約30分後に同じ路線のパルククリトゥーリ駅で起きた。

チェチェンでは旧ソ連崩壊直前の1991年、イスラム教徒主体の同共和国が独立を宣言、ロシアは94年と99年に軍事進攻し、交戦が起きていた。武装勢力はその後、北オセチア共和国などでテロを繰り返したが、首謀者とされる独立派の最高指導者バサエフ司令官が2006年に殺害された後、組織が弱体化したとされる。
posted by 宝島S at 21:23| ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。