2010年02月26日

タクシン氏の1240億円没収=「首相の職権乱用し蓄財」−タイ最高裁

2月26日23時3分配信 時事通信

 【バンコク時事】タイのタクシン元首相一族の約760億バーツ(約2000億円)に上る資産をめぐる裁判で、最高裁は26日、このうち約460億バーツ(約1240億円)について、職権乱用による不正蓄財と認定し、没収する判決を言い渡した。

 巨額資産の没収は、国外逃亡中の元首相や国内の支持派に大きな打撃となる。現政権と元首相派は昨年4月の衝突で多数の死傷者を出しており、対立が再び先鋭化する恐れもある。

 最高裁は元首相が在任中、税法改正やミャンマー政府への借款などを通じ、一族企業に便宜を図ったと指摘。首相就任時に所有していた資産を除き、不正な利得と結論づけた。

 これまでの裁判で、元首相側は「すべて適法な取引で、職権乱用などはしていない」と主張していた。 
posted by 宝島S at 23:58| ☔| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。