2010年01月26日

真央退路断つ 絶対3回転半3回…フィギュア四大陸選手権

1月26日8時1分配信 スポーツ報知

 【全州(韓国)25日】フィギュアスケート女子でバンクーバー五輪代表の浅田真央(19)=中京大=が、五輪前最後の実戦となる四大陸選手権(27〜30日・全州)出場のため韓国入りした。到着した仁川国際空港には30人を超える日韓メディアが殺到。真央はプログラムでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を計3回跳ぶことを明言し、金メダル獲得の予行演習に臨む。

 ニット帽をかぶり、ピンク色のマフラーを巻いた真央が到着ゲートに姿を現すと、無数のフラッシュが一斉に光った。ロビーに出ると、韓国の大手テレビ局「SBS」などテレビカメラ5台を含む約30人の報道陣が殺到。あまりの熱烈歓迎に真央は驚いた表情を見せたが、「練習してきたことを出し切りたい」と笑顔を見せた。

 五輪本番まで(SPは現地時間23日、フリーは25日)まであと約1か月。ライバルの金妍兒(19)=韓国=は調整を優先して今大会に出場しないが、真央にとっては重要な調整の場だ。真央は「目標は回転不足をなくすこと。アクセルも3回やりたいです」と、SPとフリーで合わせて計3度の大技成功を目標に掲げた。

 昨年末の全日本選手権のSPで跳んだ3回転半は回転不足に。フリーは1つを2回転半にする安全策を取った。だが、五輪本番で金に勝つためには、3回転半を3回組み込む前人未到のプログラムの成功が不可欠。「まずはSPをしっかりやりたい。SPが良ければフリーにもつながる」と真央は力を込めた。

 うれしいことに韓国は“ラッキープレース”でもある。韓国開催の大会では08年2月の四大陸選手権と同年12月のGPファイナル(ともに高陽)に出場し、ともに優勝。焼き肉やプルコギなどの韓国料理は試合前に必ず食べるほどの大好物だ。全州はビビンバ発祥の地と言われており、「おいしいって聞いたので楽しみです」と目を輝かせた。

 この日から会場で始まった公式練習には参加できなかったが、出発前の午前中に中京大でしっかり調整。関係者によるとタラソワ・コーチは体調不良のため合流は未定というが、「五輪に向けていい流れを作れるように頑張りたい」と真央は意気込んだ。今回優勝すれば日本人最多の国際大会10冠という記録も達成。金メダルへ最高の形で弾みをつける。
posted by 宝島S at 21:00| ☁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。