2009年11月29日

欧州株式、反発 ドバイ問題は楽観

2009/11/28 産経新聞

 27日の欧州株式市場は反発した。ロンドンのFT100種株価指数終値は前日比51.60ポイント高の5245.73。フランクフルトのクセトラDAX指数は71.44ポイント高の5685.61。
 ドバイの信用不安を背景に続落して始まったが、その後、ドバイ問題は世界市場に波及しないとの楽観的な見方から買い戻しが優勢となった。
posted by 宝島S at 11:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。