2009年11月27日

輸出企業支援策を検討=鳩山首相

11月27日18時55分配信 時事通信

 鳩山由紀夫首相は27日夕、円高の進行について「輸出産業が相当な打撃を受けることが予測される。それに対する対策を、補正を含めて検討する必要がある」と述べ、2009年度第2次補正予算案や10年度予算案に、輸出依存型企業への支援策を盛り込むことを検討する考えを示した。

 一方で、首相は「国民も、無尽蔵な国債発行は、子供たちに借金を残してまで(はすべきでない)という思いは相当強く感じているから、そのことも重視しなくてはいけない」とも語り、財政支出の安易な拡大には慎重姿勢を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
posted by 宝島S at 22:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134082869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。