2009年03月29日

世界フィギュアで金妍児が世界歴代最高得点の207.71点で優勝

3月29日11時48分配信 サンケイスポーツ


 フィギュアスケートの世界選手権第4日が28日(日本時間29日)、米国・ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われ、自身が持つSP世界歴代最高得点を更新した金妍児(18)=韓国、キム・ヨナ=がフリーでもほぼ完璧なスケーティングを見せトップとなり、合計207.71点で女子では初めての200点台をとり初優勝を飾った。

 女子の浅田真央(18)=愛知・中京大中京高=は序盤のトリプルアクセルでの転倒が響き、得点が伸びず122.03点で、SP(ショートプログラム)との合計188.09点で4位に終わり、表彰台を逃した。
 SPで今季の国際大会では自己最高の64.12点を出し、4位につけた安藤美姫(21)=トヨタ自動車=はフリーのシーズンベストとなる126.26点を出し合計190.38点で浅田を抜き3位と健闘した。2位はジョアニー・ロシェット(23)=カナダ=、SP9位の村主章枝(28)=AK=は目立ったミスはなかったもののジャンプの回転不足など細かなミスが響き合計164.58点で8位だった。

 浅田が表彰台を逃したものの、日本女子は上位2選手の順位合計が「13」以内となり、来年2月のバンクーバー冬季五輪の出場枠3を確保した。
posted by 宝島S at 14:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116390710
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。