2009年02月28日

北朝鮮-寺越武志さん「日本政府が安全を保障するなら訪問したい」と要望

2月28日8時6分配信 産経新聞


 能登半島沖の日本海で昭和38年、出漁中に行方不明となり、現在は北朝鮮で暮らす石川県出身の寺越武志さん(59)の母、友枝さん(77)が27日、内閣府を訪れ、武志さんが日朝間を自由に往来できるよう日本政府の協力を要請した。武志さんは平成14年10月、39年ぶりに一時帰国を果たしている。

 友枝さんによると、内閣府の担当者は「真摯(しんし)に取り組む」と応じたといい、友枝さんは「なるべく早く(再帰国を実現)したい」と話した。

 今年1月に友枝さんが訪朝した際、武志さんは「日本政府が安全を保障するなら訪問したい」と要望。友枝さんは3月下旬にも再訪朝して北朝鮮側にも働きかけ、10月ごろの再帰国を目指す。

posted by 宝島S at 17:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114944462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。