2009年02月27日

鳥インフル>愛知・豊橋でウズラ2羽から H7亜型弱毒性

2月27日11時55分配信 毎日新聞


 愛知県は27日、同県豊橋市のウズラ飼育農家で、ウズラ2羽から高病原性鳥インフルエンザウイルスを確認したと発表した。H7亜型ウイルスで、同型のウイルスが国内でウズラから確認されたのは初めて。県の定期簡易検査の結果、陽性反応が出た。ウズラの病死は確認されておらず、毒性は弱いとみられ、人へ感染する可能性は低いという。

 県によると、確認したのは同市南大清水町のウズラの採卵農家。ウズラ約32万羽を飼育し、主に卵を出荷している。近く全羽が殺処分される。県は家畜伝染病予防法の防疫指針に基づき、半径10キロ圏内を移動制限区域に認定し、区域内のウズラや卵の移動禁止、食鳥処理場などの閉鎖を決めた。


 県が25日、国の方針を受けて初めて同市内のウズラ農家3戸を対象にモニタリング検査を実施したところ、1戸の10羽中2羽のウズラの血清で抗体陽性を確認した。このため、茨城県つくば市の動物衛生研究所で再検査するなどした結果、27日未明、H7亜型と特定された。

 鳥インフルエンザウイルスの確認を受け、県は27日午後、緊急対策会議を開き、対応策を協議する。同日、記者会見した神田真秋知事は「卵や肉を食べることで人に感染することはない。県民は冷静に対応してほしい」と呼び掛けた。

 国内の家畜から鳥インフルエンザウイルスが確認されたのは、07年1月の宮崎県と岡山県以来。これまでに04年1月に山口県、同2月に大分県と京都府、05年6月に茨城県と埼玉県でも発生している。
posted by 宝島S at 13:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。