2008年07月29日

ニコ動に吉幾三本人が登場

7月29日15時29分配信 ITmediaニュースより

「このメンバーで今、大変なものを作っておりますので」――「ニコニコ動画」に吉幾三さんが出演する動画「IKZO(本人ver.)」が登場してアクセスを集めている。録音スタジオで「スンクロ率、よし、いくぞう!」といったせりふを読んだり、ラップ調の楽曲を歌ったりしている1分弱の動画で、ドワンゴによると、dwango.jpで配信予定の着うた・着ボイスの収録風景という。

 ニコニコ動画では今年4月ごろから、吉幾三さんのヒット曲「俺ら東京さ行ぐだ」と別の楽曲を混ぜ合わせた「IKZO」(IKUZOとも表記)シリーズが人気。最も再生数が多い「ポリ幾三」(俺ら東京さ行ぐだとPerfume「ポリリズム」を混ぜた曲)は45万回以上再生されている。

 幾三さんサイドがこの人気を知り、今回の企画につながったようだ。動画では幾三さんが「ほっ」「早く〜」「ニコニコ動画にぐーるぐる」「スンクロ率、よし、いくぞう!」といった声を録音したり、ラップ調の楽曲を歌ったり、スタッフを紹介しながら「このメンバーで今、大変なものを作っておりますので」と話したりしている。

 ちなみに「スンクロ率、よし、いくぞう!」とは、IKZOシリーズで質の高い作品に付けられるタグ「スンクロ率441.93%」のことと思われる。質の高いMAD作品に付けられるタグ「シンクロ率400%」の吉幾三作品版で、元ネタはテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のせりふ「初号機のシンクロ率が、400%を超えています」だとか。

 吉幾三さんは7月4日に開かれた「ニコニコ動画(夏)」の発表イベント「ニコニコ大会議2008」に花を贈っており、「IKZOのMAD公認か!?」と話題になっていた。
posted by 宝島S at 23:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103833647

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。