2008年07月29日

アルゼンチンに0−1で敗戦 サッカー五輪代表

 北京五輪サッカー日本代表の壮行試合、アルゼンチン戦(国立競技場)は0−1でアルゼンチンがリードしていた後半39分、雷雨が強まったためいったん中断。その後、中止が宣告された。

 雷雨のため審判が試合中止を宣告するのは珍しい。

 反町監督は試合中止後、「(残り6分を残しての中止は)複雑な気持ちだがしょうがない。北京への準備へ気持ちを切り換える」と話した。また優勝候補相手の強豪アルゼンチンに0−1という結果について、「気後れすることなくできた」と語った。



7月29日21時17分配信 産経新聞より
posted by 宝島S at 23:05| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103833230

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。