2011年08月14日

X JAPAN、24年ぶり地元・千葉凱旋ライブ 

オリコン 8月14日(日)18時59分配信

 ロックバンド・X JAPANが14日、千葉・QVCマリンフィールド(旧・千葉マリンスタジアム)&幕張メッセで開催された『サマーソニック2011』東京公演の出演前に会見を行った。先月17日に亡くなった元Xのメンバーで盟友のTAIJIさんに対し、YOSHIKIは「ものすごく複雑な気持ち。メンバーチェンジを繰り返してきたけど、いろんな理由はどうあれ、TAIJIがいないと今の僕たちはいない」と声を詰まらせた。約24年ぶりとなるメンバーの出身地・千葉でのライブに「(TAIJIさんとHIDEさんを含めた)7人で、X JAPANという名の通り、日本を背負ったつもりで頑張る」と語った。

 前日13日の『サマソニ』大阪公演に出場し、TAIJIさんとの共演が実現した昨年8月の横浜・日産スタジアム公演以来、1年ぶりに日本のステージに立ったX JAPAN。国内フェス初参戦を果たし、YOSHIKIは「バンド結成して20年以上経つけど、インターナショナルのイベントに出れるとは感無量。洋楽ファンが多いなか、(楽曲「X」で)みんながX(ジャンプ)をやってくれて嬉しかった」と笑顔を見せた。

続きを読む
ラベル:X JAPAN 千葉
posted by 宝島S at 20:54| 神奈川 ☀| ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YOSHIKI、HIDEとTAIJI、震災被害者へ黙祷を捧ぐ

女性自身 8月14日(日)10時1分配信

「X JAPANは昔大阪から火がついたんだよ。。。とても感謝してる、、、だからこそ今日はおもいっきり。。。やっちまおうぜーーーー!!! We
Are XXXXXX」
「大阪!!!! 気合はいいか!!!! 久しぶりにX JAPANの本性見せてやるからな!! ついてこいよ!」
と、X JAPANのリーダーYOSHIKIが気炎を上げた!

  X JAPAN が、13日に開催された夏のロックフェス「サマーソニック」in大阪に初参戦。
「サマーソニック」は00年からスタートした、東京(千葉)と大阪の2会場で催される真夏の都市型ロックフェスティバル。これまでレディー・ガガ、ビヨンセなど海外からの大物アーティストも出演し07年には20万人以上を動員した。
 今年の注目がX JAPAN、KPOPの少女時代、レッド・ホット・チリ・ペッパーズと、豪華アーティーストの競演で話題を呼んでいる。

続きを読む
posted by 宝島S at 20:50| 神奈川 ☀| ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サマソニで“X JAPAN旋風”が、ナニワの街を席巻

サンケイスポーツ 8月14日(日)7時51分配信

 ロックバンド、X JAPANが13日、大阪市内で開かれたロックフェスティバル「サマーソニック2011」に初出演した。国内フェス参加は初で、先月急逝した元ベーシストの沢田泰司さんや東日本大震災の被災者へ推定2万5000人の聴衆とともに黙とうをささげた。攻撃的パフォーマンスで6曲を熱唱し、同夜の大トリを務めた米ロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズも食った!?

 “X JAPAN旋風”が、ナニワの街を席巻した。

 代表曲「紅」の歌唱後、リーダーのYOSHIKIは「きょうはHIDEもTAIJIも一緒に演奏してる」と涙を堪えながら語り、「(2人と)3月に起きた震災の被災者の人たちにも哀悼の意味を込めて、みんな1分間黙とうしてくれるかな!?」と呼びかけ、聴衆とともに盟友や被災者へ黙とうをささげた。

続きを読む
posted by 宝島S at 20:35| 神奈川 ☀| ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケニアで実証実験、発電するサッカーボール

オルタナ 8月14日(日)11時44分配信

2010年南アフリカW杯での日本代表の躍進は記憶に新しい。そんな熱戦が繰り広げられたアフリカの地で面白い実験が行われた。

ケニアで行われたこの実験は、子どもたちを集めて通常のサッカーを楽しんでもらうだけであるが、注目すべきは使用されたサッカーボールである。

ハーバード大学の卒業生と在校生からなる4人の女性グループが開発したこのサッカーボールは中に磁石とコイルが入っていてボールを蹴ったり転がしたりする際に生まれる運動エネルギーを電気に変換する仕組みを持っている。

続きを読む
posted by 宝島S at 19:41| 神奈川 ☁| ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニクソン・ショックから40年>揺らぐ基軸通貨ドル

毎日新聞 8月14日(日)11時31分配信

 ニクソン米大統領がドル防衛のため、ドルと金の交換停止を打ち出したニクソン・ショックから15日で丸40年を迎える。当時、ドルの価値を保証していた金との交換が停止されたことで、変動相場制の時代が幕を開けた。この後もドルは世界の基軸通貨の地位を何とか維持してきたが、08年のリーマン・ショックや新興国の急速な台頭で、世界経済地図が塗り替わりつつある。ドルの基軸通貨の地位が揺らぐ中、世界の金融市場の動揺も続く恐れがある。

 ◇新興国台頭、世界地図に変化

 第二次大戦後の世界経済は、世界で唯一金と交換できるドルと各国通貨が固定レートで結ばれるブレトンウッズ体制の下で安定的な成長を続けた。だが日独の輸出急増やベトナム戦争の長期化に伴い、米国は貿易赤字の拡大やインフレに直面。金保有高が激減し、ニクソン大統領が1971年に金とドル交換の一時停止を表明し1ドル=360円の固定為替相場制は崩壊。12月に308円で仕切り直しを図ったがドル売り圧力は強く、73年2月に円相場は再び変動相場制に追い込まれた。

続きを読む
posted by 宝島S at 19:32| 神奈川 ☁| ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。