2011年07月10日

なでしこ、1−0で独下し史上初の4強 女子W杯

サンケイスポーツ 7月10日(日)6時16分配信

 サッカー・女子ワールドカップドイツ大会は9日(日本時間10日)準々決勝を行い、日本は3連覇を狙う開催国のドイツを延長の末、1−0で下し、史上初の4強へと駒を進めた。

 日本は0−0で迎えた延長後半3分、沢の右サイドへのパスに走りこんだ丸山がディフェンダーと競り合いながらゴール左隅に決めて1−0と先制。その後のドイツの猛攻をしのぎきった。

 日本は日本時間の14日未明、豪州とスウェーデンの勝者と準決勝を行う。
posted by 宝島S at 22:44| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFAがドイツの無敗記録を止めたなでしこを称賛

SOCCER KING 7月10日(日)15時5分配信

 9日に女子ワールドカップ準々決勝が行われ、日本は大会2連覇中の開催国ドイツを延長戦の末1−0で破り、初のベスト4進出を決めた。

 3連覇を狙うドイツを下したなでしこジャパンは、同じく準々決勝でイングランドをPK戦の末に下したフランスともに初のベスト4進出。FIFAは公式サイト上で、「日本とフランスは歴史をつくった」と称賛した。

 さらに、なでしこはこの勝利で、1999年アメリカ大会準々決勝でアメリカに2−3で敗れて以来、約12年もの間続いていたドイツのワールドカップ無敗記録を15試合でストップさせた。FIFAはなでしこの戦いぶりに、「日本は粘り強い戦いでドイツを唖然とさせた」と評価している。

posted by 宝島S at 22:40| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。