2011年06月13日

谷垣総裁、病院で夫人みとる

読売新聞 6月13日(月)20時47分配信

 自民党の谷垣総裁の夫人、佳子さんが13日未明、東京都内の病院で亡くなった。

 谷垣氏は病院でみとった後、公務を取りやめ、葬儀の準備などに追われた。

 2人は大学時代からの知り合いで同い年、司法試験を目指して学んだ仲だった。佳子さんが数年前から体調を崩してからは、谷垣氏は深夜の酒席をなるべく控え、看病の時間を作っていた。民主党との大連立が取りざたされ、首相就任の可能性もささやかれている中での訃報に、党関係者は「谷垣氏はさぞ無念だろう。夫人も谷垣氏の晴れ姿を見たかっただろう」と残念がる。

 谷垣氏と同様、自民党が野党時代の総裁だった河野洋平前衆院議長は1995年7月に武子夫人を亡くした。与党に返り咲き、副総理兼外相として同年9月の総裁選で再選を目指しながら出馬を断念したのは、多数派工作で後れをとっただけでなく、夫人を亡くしたショックも大きかった。谷垣氏も「ポスト菅」をにらんだ政局の陣頭指揮の最中だけに、夫人を失った影響を心配する声も出ている。
posted by 宝島S at 21:31| 神奈川 ☁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。