2011年06月08日

ドル79.85円まで急落、1カ月ぶり安値=東京外為市場

ロイター 6月8日(水)10時29分配信

 [東京 8日 ロイター] 午前の東京外国為替市場で、ドル/円が79.85円まで下落、1カ月ぶりの安値をつけた。仲値まではドル不足で底堅かったが、通過後に原油価格が下落したタイミングで投機筋が売り始め、80円の売りストップを巻き込んだ。

 投機筋はさらに崩そうと79円前半から半ばにある売りストップを狙いにいっているが、輸入企業や機関投資家の買いが厚く、その後は下げ渋っている。

 米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は講演で、積極的な金融・財政刺激策にもかかわらず、米経済の「回復は明らかに標準以下にとどまっている」と述べた。 また、最近の商品高は一時的な現象にとどまるとの見方を示した。

続きを読む
posted by 宝島S at 17:59| 神奈川 ☁| ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。