2011年05月15日

<韓国>株価暴落狙いソウル駅などで爆発

毎日新聞 5月15日(日)19時1分配信

 【ソウル澤田克己】ソウル地方警察庁は15日、ソウル市内で爆弾を爆発させて株価を暴落させ、デリバティブ(金融派生商品)取引でもうけようとした疑いで43歳の男を逮捕したと発表した。男は12日、ソウル駅と市内の高速バスターミナルのコインロッカーに手製爆弾をしかけて爆発させたという。爆発によりロッカーのドアがゆがんだが、負傷者はいなかった。

 聯合ニュースによると、男は昨年、知人から3億ウォン(約2230万円)余りの借金をして株式先物に投資したが失敗。今月11日に新たに5000万ウォン(約370万円)を借り、株式指数が12日に暴落すれば大きな利益を得られるデリバティブ取引につぎ込んでいた。

 男は、米軍によるウサマ・ビンラディン容疑者殺害に対する報復テロが世界中で警戒されていることに着目し、爆弾を爆発させれば株価が暴落すると考えたという。当日の株価に大きな影響は出なかった。
posted by 宝島S at 21:16| 神奈川 ☁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災翌朝、全燃料落下=1号機メルトダウン

時事通信 5月15日(日)19時4分配信

 福島第1原発事故で、東京電力は15日、1号機原子炉で3月11日の東日本大震災発生直後に起きたメルトダウン(全炉心溶融)の暫定解析結果を発表した。同日午後3時半ごろに津波で冷却機能を全部喪失したとみた場合、同7時半ごろ「空だき」状態となって燃料の損傷が始まり、急速に溶融し圧力容器底部に落下。翌12日午前6時50分ごろには、ほぼ全燃料が落下したとみられる。

 消防ポンプで真水を注入し始めた12日午前5時50分ごろには、圧力容器下部が損傷。格納容器への水漏れが起きたが、小規模にとどまった。真水の注入は午後2時50分ごろ止まり、直前の同2時半ごろに格納容器の圧力逃がし弁を開く「ベント」ができたが、同3時36分に水素爆発に至った。

 松本純一原子力・立地本部長代理は記者会見で、当時の水位や温度などのデータ収集と作業員への聞き取り調査が進み、解析できたと説明。ベントや海水注入のタイミングが遅かったか現時点で言うことは難しく、今後検証されると述べた。

続きを読む
posted by 宝島S at 20:44| 神奈川 ☁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。