2011年04月05日

チェック機能なくなる…公明、大連立をけん制

読売新聞 4月5日(火)21時37分配信

 公明党の山口代表は5日の記者会見で、菅首相が提起した民主党と自民党との「大連立」について「健全なチェックが働かなくなる」と、慎重姿勢を示し、自民党内にある大連立に前向きな声にクギを刺した。

 山口氏は東日本大震災を巡り、政府に対策提言を続けてきた実績を挙げ、「さらに進んで連立政権を組むことが、どれほどの意味があるのか」と語った。一方で、「(大連立を)全く必要ないと言い切るつもりはない」とも述べた。統一地方選の最中に連立参加に前向きな姿勢を示せば「支持者を混乱させる」(党関係者)との考えもあり、当面は「閣外協力」で震災対策に臨む方針だ。民主と自民が連立を組めば、公明党がキャスチングボートを握って存在感を示すこともできなくなるとの見方もある。
ラベル:公明 大連立
posted by 宝島S at 22:48| 神奈川 | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島第1原発、海流出地点に土壌凝固剤注入

産経新聞 4月5日(火)19時11分配信

 福島第1原発事故で、東京電力は5日、2号機の作業用の立て坑「ピット」から海への汚染水流出を止める作業や1〜3号機タービン建屋地下の汚染水を排出・回収する作業を続けた。汚染水がピット下部の石を敷き詰めた層から漏れ出しているため、土壌を固める薬剤を注入し、その後、流量がやや減っていることが確認された。

 2日に見つかった海への流出は、コンクリートや吸水性の高い樹脂「吸水ポリマー」を投入した後も止まらなかった。東電は、上流で色のついた水を流したが、流出地点では確認できず、この後、砕石層に染み込んだ後に流出していることが判明。ピット周辺に斜めに穴を掘り、石の隙間をふさぐ薬剤約1500リットルを注入した。東電はさらに作業を進め、合計1万2千リットルを注入する。

続きを読む
posted by 宝島S at 21:55| 神奈川 | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汚染水放出 韓国が憂慮「国際法上問題となる可能性」

産経新聞 4月5日(火)19時29分配信

 【ソウル=加藤達也】韓国の聯合ニュースは5日、東京電力が東日本大震災で被災した福島第1原発から放射性物質を含む汚染水を海に放出したことについて、韓国政府が在日韓国大使館を通じ日本の外務省に憂慮を伝えたと報じた。

 放出水に含まれる放射性物質濃度は最大で、日本の法で定める環境放出基準の500倍とされ、報道によると韓国側はこの点について「国際法上問題を引き起こす可能性がある」と指摘。外務省は「汚染水は5日間かけて少しずつ放出する予定で、測定しながら許容値を超える場合は再検討する」と答えたという。

続きを読む
posted by 宝島S at 21:52| 神奈川 | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷垣総裁、政策のすり合わせもないところでの連立はあり得ない

読売新聞 4月5日(火)20時39分配信

 自民党の谷垣総裁は5日、菅首相(民主党代表)が呼びかけた両党の「大連立」はできないとの考えを示した。谷垣氏は東京都内で記者団に「政策のすり合わせもないところでの連立はあり得ない。野党として震災対応の協力をやる」と述べた。

 党執行部は「菅首相の退陣が大連立の大前提」としており、谷垣氏の発言も、菅政権との間での大連立を否定したものと見られる。谷垣氏は首相の震災対応についても、「(首相官邸内で)たくさんの役を次から次に作るのは責任と権限を一元化することにつながらない」と批判した。

 谷垣氏は同日、総裁経験者回りの一環として海部、小泉両元首相とそれぞれ会談、小泉氏は「健全な野党のあり方を発揮すべきだ」と助言した。自民党幹部は「総裁経験者は菅政権との大連立に皆、慎重だった」としており、菅内閣が閣僚を増員し、自民党に入閣を要請しても断る方針だ。
ラベル:谷垣総裁 大連立
posted by 宝島S at 21:45| 神奈川 | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汚染水流出経路、作業トンネル下の砕石層か

読売新聞 4月5日(火)18時39分配信

 東京電力福島第一原子力発電所2号機の取水口付近から、高濃度の放射性物質を含む汚染水が海に流れ出している問題で、東電は5日、電源ケーブル用作業トンネルの下に敷かれた砕石層が流出経路と、ほぼ特定した。

 流出を止める固化剤を砕石層に注入するため地面に開けた穴に、白色の入浴剤を入れたところ、海への流出口から白色の水が確認された。

 電源トンネルは、高濃度の汚染水がたまっているのが見つかった作業用トンネルとつながっている。地震で破損していたどちらかのトンネルの一部から汚染水が漏れ、砕石層を伝って海に流出したと東電はみている。

 この穴を通じて固化剤を注入する作業が同日午後、始まった。
posted by 宝島S at 19:49| 神奈川 | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本料理店、大量倒産も=原発事故受け―香港

時事通信 4月5日(火)17時17分配信

 【香港時事】日本にとって最大の農水産物輸出市場である香港で、これまで人気が高かった日本料理店が、福島第1原発事故の影響を受けて大量に倒産する恐れが出てきた。

 九竜地区の繁華街にある高級日本料理店の経営者は「仕入れ先を関東以西に替えているが、影響は免れない。客が全部で2、3人の日もある」と嘆く。香港人の来客はほとんどなくなったという。

 地元各紙によると、同じ地区にある別の高級日本料理店は1日、売り上げが7割も落ちたため閉店に追い込まれた。一部の日本料理店は食材を日本産から米国産などに切り替えて、安全をアピールしている。


続きを読む
posted by 宝島S at 18:03| 神奈川 | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島第1原発 汚染水対策、総動員 立て坑下に止水材

毎日新聞 4月5日(火)13時18分配信

 東京電力福島第1原発2号機の電源トレンチ(横穴)のピット(立て坑)近くから海へ流出する高レベルの汚染水を止めるため、東電は5日、ピット下の「砕石層」と呼ばれる、厚さ約20センチの小石を敷き固めた基礎部分に止水材を注入する工事を始めた。東電は、同原発施設内にある低レベルの放射性汚染水の海への放出を続ける一方で、高レベル汚染水の海への垂れ流しは依然続き、一刻も早い対策が求められている。【山田大輔、平野光芳、酒造唯】

 砕石層は、横穴を水平にひくための土台として原発建設時に造られた。これまで東電は、横穴に吸水性の高い特殊樹脂やおがくずなどを入れてふさぐ対策を講じたが水の流出が止まらず、横穴の水が流れている様子もなかったことから、新たに検討された対策だ。震災で横穴にひびが生じ、汚染水が下にしみ出して、砕石層が「第2の横穴」になっているとの推定で、ポンプ室のひびから海へ出ている水の流れ出ている位置と、砕石層の位置がちょうど同じという。

続きを読む
posted by 宝島S at 14:58| 神奈川 | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ボランティア迷惑論」が広がっているが、本当にそうなのか

ニューズウィーク日本版 4月5日(火)13時14分配信

今たくさん来られても困る──東日本大震災後にそんな「ボランティア迷惑論」が広がっているが、本当にそうなのか

 被災者のために何かしたいが、何をしたらいいのか分からない──東日本大地震から3週間以上が経つなか、こうした「善意のやり場に困った人」の話をよく耳にする。震災直後からひとり歩きし始めた「迷惑ボランティア」という言葉が、被災地に行って力になりたいという人を躊躇させているのだ。

 実際のところ、今ボランティアが押し寄せたら、被災者にとって本当に迷惑なのか。関西学院大学災害復興制度研究所長の室崎益輝教授に、本誌・小暮聡子が聞いた。

          * * * * *

──ボランティアを自粛する動きがあるが、実際のところ人数は足りているのか。

続きを読む
posted by 宝島S at 14:06| 神奈川 | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島第1原発 「透明性確保を」IAEA事務局長クギ刺す

毎日新聞 4月5日(火)0時52分配信

 【ウィーン樋口直樹】原発の安全性の確保・向上を目指す「原子力安全条約」(72締約国・機構)の検討会合が4日、ウィーンの国際原子力機関(IAEA)本部で開幕した。東京電力福島第1原発事故の行方に国際社会の強い関心が集まる中、天野之弥IAEA事務局長は冒頭、「極めて深刻な状況が続いている」との見方を示した。「原子力への信頼の回復と維持には、安全基準の厳守と完全な透明性が欠かせない」とも指摘。情報の秘匿などは許されないとクギを刺した。

 天野氏は福島原発事故の深刻さにかんがみ、「平常通りの取り組みで済むはずがない」と述べ、「締約国が初期的な見解や教訓を共有する最初の公式な機会になる」と意義を強調。最優先課題として目前の危機の克服を挙げる一方、事故の「反省と評価を始めなければならない」とも述べ、原発の安全性について本質的な改善に取り組む決意を示した。

 天野氏によると、日本に派遣されたIAEAの原子炉専門家は数日内に福島第1原発の危機管理室を訪ね、「第1次情報」を入手する予定。状況が整い次第、国際的な専門家調査団が日本に派遣され、事故の評価に当たるという。6月20日からウィーンで開かれるIAEA閣僚級会議で、初期的な評価などが協議される見通し。

続きを読む
posted by 宝島S at 02:11| 神奈川 | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。