2011年03月28日

遺体収容できず=福島第1原発、放射線量高く―警察庁

時事通信 3月28日(月)19時6分配信

 警察庁は28日、東京電力福島第1原発の半径10キロ圏内の福島県大熊町で見つかった男性の遺体収容を断念したと明らかにした。遺体に蓄積した放射線量が高く、搬送できないと判断した。圏内には他にも収容されていない遺体が残されている可能性があり、同庁は「対応策を検討したい」としている。

 同庁によると、遺体は27日午前、通報を受けた福島県警の機動隊員らが、同原発から5〜6キロ離れた屋外にある作業所敷地で発見した。

 遺体表面から全身除染が必要とされる「10万CPM(1分間当たりの放射線検出回数)以上」の放射線量を計測。搬送者が放射線を浴びる恐れがあるほか、搬送先にも広がる可能性があることなどから、収容を断念した。遺体は、収納袋に入れて近くの建物の中に一時的に安置したという。
タグ:遺体 放射線
posted by 宝島S at 21:28| 神奈川 ☀| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東電、フランス原子力庁に支援要請=「極めて危機的」とベッソン産業相

時事通信 3月28日(月)20時57分配信

 【パリ時事】ベッソン仏産業担当相は28日のラジオで、東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発の事故を受け、東電から仏原子力庁と仏電力公社(EDF)、同国原子力大手アレバに支援要請があったことを明らかにした。EDFとアレバはAFP通信に、要請の具体的内容は明らかにできないとしている。

 ベッソン氏は、現地で強い放射線が観測されたことを踏まえ、状況は「極めて危機的だ」と懸念を表明。「現時点で正確な状況把握は困難だ」と述べた。

 アレバとEDFは既に、福島第1原発の事故を受け、燃料の核分裂反応を抑えるホウ酸約100トンのほか、防護服やマスクなどの支援物資を日本に送っている。
posted by 宝島S at 21:25| 神奈川 ☀| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島第1原発 建屋外にあるトンネル状の「トレンチ」も汚染水

毎日新聞 3月28日(月)20時55分配信

 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発1〜3号機のタービン建屋地下に、高い放射線量の汚染水がたまっている問題で、東電は28日、1〜3号機タービン建屋の外にある「トレンチ」と呼ばれるトンネル状の穴からも汚染水が見つかったと発表した。放射線量は、最も高い2号機で1時間当たり1000ミリシーベルト以上と、建屋内と同程度。トレンチは放射線管理区域の外にあり、経済産業省原子力安全・保安院は東電に対して同日、新たに地下水のモニタリング(監視)を実施するよう口頭で指示した。

 東電によると、水が見つかったのは27日午後3時半ごろ。線量はその直後に測定。2号機以外の水面の放射線量は1号機が0.4ミリシーベルト、3号機は測定できなかった。周辺の大気中の放射線量(1時間当たり)は▽1号機0.4〜1ミリシーベルト▽2号機100〜300ミリシーベルト▽3号機0.8ミリシーベルト。

続きを読む
posted by 宝島S at 21:14| 神奈川 ☀| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2号機は溶融した燃料に接触した水が流出=官房長官

ロイター 3月28日(月)12時27分配信

 [東京 28日 ロイター] 枝野幸男官房長官は28日午前の会見で、東京電力東京電力<9501.T>福島第一原子力発電所の2号機建屋に溜まった水の放射線量が高濃度になっている原因について、一時的に溶融した燃料と接触した格納容器の水が流出したためと説明した。

 また枝野長官への報告によれば「燃料の溶融は、継続していないのではないか」と述べた。

 今後の見通しについて、高い放射線量は建屋内にとどまっており、屋外では計測されていないため、この状態を維持する必要があるとした。また2号機炉心への注水は仮設ポンプで行われており、今後も安定して継続できるとの見通しを示したが、放射線量が高いため、建屋地下の水の処理を速やかに行うことと、海水に漏えいしないようサンプリングを強化する方針を示した。

続きを読む
タグ:2号機 溶融
posted by 宝島S at 21:09| 神奈川 ☀| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「てんでんこ」三陸の知恵、子供たちを救う

読売新聞 3月28日(月)15時7分配信

 東日本巨大地震による津波で大きな被害を受けた岩手県釜石市と大船渡市で、津波に備えた知恵や工夫が奏功し、多くの子供たちの命が救われた。

 釜石市では、津波から身を守る方法として三陸地方に伝わる「津波てんでんこ」が効果を発揮。大船渡市では、学校から高台へ素早く逃げられるよう、父母らの訴えで昨年秋に完成したばかりのスロープでの脱出劇があった。

 ◆過去の教訓◆

 死者・行方不明者が1200人以上に上った釜石市では、全小中学生約2900人のうち、地震があった3月11日に早退や病欠をした5人の死亡が確認された。しかし、それ以外の児童・生徒については、ほぼ全員の無事が確認された。

続きを読む
posted by 宝島S at 21:02| 神奈川 ☀| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビ局スタッフもPTSDに…報道映像がトラウマ

夕刊フジ 3月28日(月)16時57分配信

 街や車が津波にのみ込まれ、住民の生活の営みが一瞬にして消失した東日本大震災。被災地以外でも繰り返し見た視聴者のPTSD(心的外傷後ストレス障害)が問題視されている。

 「テレビの映像が過激すぎるという視聴者の声をいただき、映像の編集にはかなり気を遣っています。ニューヨークの9・11テロの際も飛行機がビルに突っ込む場面が繰り返されたため、後に精神科医や心理カウンセラーを訪れる人が増えたと特派員から聞いています。3・11の映像も忘れられない衝撃でした」

 こう明かす民放報道局デスクが、さらに顔を曇らせた。

続きを読む
posted by 宝島S at 20:58| 神奈川 ☀| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

都内でも「地震酔い」が増加

産経新聞 3月27日(日)7時56分配信

 「めまいがしてふらつく」「頭が痛い」…。東日本大震災の影響で、都内でも、地震が起きていないのに、いつも揺れているように感じる「地震酔い」に悩む人が増えている。

 余震が長引くストレスの一因となっているといい、専門家は「不安を取り除き、規則正しい生活を」と呼びかけている。

 東京都新宿区の耳鼻咽喉科「山西クリニック」。30代の女性が気分の悪化を訴え来院した。「頭がクラクラし、耳がこもる感覚がとれない。3人の子供を抱え、今度いつ地震がくるかと思うと不安で眠れない」。女性はこう話し、安定剤などを処方してもらった。

 世田谷区の「世田谷井上病院」にも地震発生後、1日10人ほどがめまいや吐き気を訴えてきているという。都内の耳鼻科などには同じような症状の患者が相次いでいる。

続きを読む
posted by 宝島S at 17:20| 神奈川 ☀| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル緊急医療部隊を派遣=南三陸で活動、海外から初

時事通信 3月27日(日)10時34分配信

 【ネバティム空軍基地(イスラエル南部)時事】イスラエル政府は26日、東日本大震災の被災者支援のため、医師や看護師ら約50人からなる緊急医療部隊を、軍特別機で派遣した。27日に成田空港に到着し、宮城県栗原市を拠点とし、地震で大津波に襲われた同県南三陸町に野外診療所を設置して被災者の治療を行う。

 在テルアビブ日本大使館によると、今回の震災で、日本が海外の医療専門の部隊を受け入れるのは初めて。数週間程度の活動となる見通し。

 ネバティム空軍基地で行われた派遣部隊の出発セレモニーで、ゴラン民間防衛軍司令官は「日本でなければ、今回のような複合的な大災害を克服することはできない」と強調し、被災者の支援に貢献できるのは光栄だと語った。

 イスラエル政府は、携帯トイレ150式や毛布6000枚、コート1万着などの支援物資も同日までに、貨物機で日本に送った。
posted by 宝島S at 17:10| 神奈川 ☀| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

避難の中高生がコンサート

時事通信 3月26日(土)21時32分配信

 福島第1原発事故の後、福島県から栃木県那須町に避難している中高校生2人が26日、地元の那須中学吹奏楽部のコンサートに参加し、一緒に演奏した。会場の那須町文化センターはほぼ満席、立ち見が出るほどの盛況だった。

 2人は福島県立相馬東高2年の杉琴美さん(17)=南相馬市=と、いわき市立平第三中1年の草野泰治君(13)=いわき市=。

 きっかけは、琴美さんが避難所の掲示板に書いた一言だった。「オーボエ吹けます」。掲示板を見た泰治君の母百合子さん(46)が「うちの子も楽器をやっている。演奏会を開けないか」と教育委員会に相談。ボランティアらの協力で2人は22日夜に初めて顔を合わせ、那須中の生徒らと練習を始めた。

続きを読む
posted by 宝島S at 23:56| 神奈川 ☀| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

核燃料の損傷、進行か…燃料が核分裂した際に生成する放射性物質が検出

読売新聞 3月26日(土)20時37分配信

 東京電力福島第一原子力発電所の放水口付近で採取した海水から、高濃度の放射性ヨウ素131が検出された問題で、東電や経済産業省原子力安全・保安院、専門家は26日、汚染水が原子炉につながる配管などから海に放出されたという見方を強めた。

 汚染水からは、燃料が核分裂した際に生成する多種類の放射性物質が検出され、燃料損傷が進んでいる可能性を示している。大気中の放射線量に大きな変化はなく、浮遊する放射性物質が降下して海に溶け込んだことが原因とは考えにくいとの見方が強い。

続きを読む
タグ:損傷 核燃料
posted by 宝島S at 23:53| 神奈川 ☀| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。