2011年02月23日

“運動神経”って今からでも良くなるの?

web R25 2月23日(水)10時5分配信

小学校の時、クラスに一人はいた“運動神経が良い人”。球技や体操、陸上など、何をやっても上手にこなし、女の子にもモテモテで。ああ“運動神経”とは、なんとうらやましい能力でしょう! と、そこでふと疑問。“運動神経”っていったい何なんでしょう? 才能、遺伝、それとも教育? ひょっとして今から鍛えることもできるの? 健康運動指導士の神谷義人さんに伺ってみました。

「“運動神経”とは、そもそも脳から体中の筋肉へ動きの指令を送るための神経を表す解
剖学用語。我々が普段使っている“運動神経”とは異なります。“運動が上手”という意味での“運動神経が良い”とは、一回の脳からの指令で、無駄なく、より多くの筋線維を働かせる状態のこと。一般的に5〜8歳までは著しく神経系が発達する時期で、9〜12歳までの時期(ゴールデンエイジ)は、神経系の発達がほぼ完成に近づく頃。子供の時期にいろいろな動きを経験しながら、走る、跳ぶ、投げる、捕るといった基本運動を身につけることが“運動神経”の発達につながります」

うーん、早い時期の運動が不可欠というわけですね。やっぱり大人になったら手遅れなのでしょうか?

続きを読む
posted by 宝島S at 21:49| 神奈川 ☁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カダフィ大佐、テレビ演説で退陣拒否

CNN.co.jp 2月23日(水)10時3分配信

リビア東部トブルク(CNN) リビアのカダフィ大佐(68)は22日、国営テレビで1時間以上にわたって演説し、退陣要求には応じない姿勢を改めて示した。

カダフィ大佐は、1986年に米軍機の爆撃を受けたこともある自宅で演説。「この国は私の母国、父祖たちの国だ」と語り、国のために「殉死」する覚悟があると語った。反体制デモは外国情報機関の「手先」が扇動していると訴え、扇動に加担する者は処刑されるだろうと述べた。大佐はこの演説に先立って国営テレビに短時間出演し、ベネズエラへ逃亡したとの報道を打ち消していた。

国営テレビは街頭で演説に耳を傾ける「支持者」の姿を伝えたが、反体制派は「引っ張り出された」グループにすぎないと主張している。ある情報筋によると、首都トリポリでは一部の学生に、同市中心部の「緑の広場」で親カダフィ派の集会に加わればただで修士号を与えるとの話が持ち掛けられたり、大佐の写真を掲げて緑の広場へ向かう住民らに報酬が支払われたりしているという。

続きを読む
posted by 宝島S at 21:45| 神奈川 ☁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。