2011年02月11日

アフリカ・マラウイ 「オナラ禁止」法案に猛反発

TBS系(JNN) 2月11日(金)12時46分配信

 「絶対許せない!みんなオナラをするんだ!ほかにどこでオナラをすればいいんだ!議論する価値もない」(マラウイ市民)

 アフリカのマラウイで可決されそうになっているのは、公共の場所でオナラをしたら「軽犯罪」になってしまうという「オナラ禁止」法案です。政府は「社会の品位を保つため」だと説明していますが・・・

 「みんな公共の場所でおならをするけど、催涙ガスのようにシーっと静かにやるんだ!国会議員はこんなくだらない法案よりも国の開発などに力をいれるべき!外での大小便が違法になるのは分かる!俺たちは外でオナラをし続けるさ!」(マラウイ市民)

 法案は来週、議会で審議される予定です。
posted by 宝島S at 17:53| 神奈川 🌁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「林原」の会社更生法で高まる不安

J-CASTニュース 2月11日(金)15時12分配信

 万一、全国の店頭から菓子や冷凍食品、さらには医薬品や化粧品などが消えたら、市場がパニックとなるかもしれない。そんな悪夢が脳裏をよぎる深刻な事態が起きた。

 バイオ関連企業の「林原」(本社・岡山市)が会社更生法の適用を東京地裁に申請したからだ。これは単なる地方の有力企業の倒産とは次元が異なる。

■甘味料などに使われるトレハロースの世界生産をほぼ独占

 林原は甘味料などに使われる糖質「トレハロース」や抗がん剤「インターフェロン」を量産する世界的なメーカーで、トレハロースの世界生産をほぼ独占しているのだ。トレハロースの取引先は全国で約7000社、製品は約2万品目にのぼるうえ、「他の代替がほぼ不可能」というだけに、食品業界などへの影響が懸念されている。

続きを読む
posted by 宝島S at 17:50| 神奈川 🌁| ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「高級住宅地で金欲しかった」目黒夫妻殺傷

読売新聞 2月11日(金)15時46分配信

 東京都目黒区の大原道夫さん(87)夫妻が自宅で殺傷された事件で、警視庁に10日、殺人などの容疑で逮捕された福島県いわき市常磐西郷町、無職木村義昭容疑者(65)が同庁の調べに対し、「高級住宅地に行って金が欲しかった。抵抗されたので刺した」と容疑を認める供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。

 木村容疑者は1968年頃から約10年間、川崎市多摩区に住んでいたが、大原さんとは面識がなく、「(被害者宅には)たまたま入った」と話しているという。木村容疑者には数百万円の借金があったとみられ、同庁が詳しい動機の解明を進める。

 木村容疑者は1月10日午後4時40分頃、大手百貨店の配送を装って大原さんの玄関先に押し入り、ナイフで大原さんの腹や背中などを複数回刺して殺害したうえ、妻の瑠璃子さん(81)にも切りつけ、殺害しようとした疑い。
posted by 宝島S at 17:40| 神奈川 🌁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<大雪>23区でも積雪 あすにかけ

毎日新聞 2月11日(金)14時1分配信

 東京地方では断続的に雪が降っている。気象庁は、12日明け方にかけて大雪となるとみて、降雪や路面の凍結による交通障害に注意を呼びかけている。同日正午までに予想される積雪量は、東京の多摩西部10センチ▽多摩北部・南部7センチ▽23区西部・東部5センチ。

 紀伊半島沖の低気圧が東北東に進んでいる。この低気圧は、発達しながら東海道沖を東北東に進み、12日には日本の東海上に達する見込み。日本付近は、次第に強い冬型の気圧配置となるとみられる。このため、現在、関東甲信地方の広い範囲で雪が降っており、ところどころで積雪が見られる。雪は同日にかけて続く見込みで、昼前にはいったんやむが、午後には再び関東甲信地方の広い範囲で雪か雨となるとみられる。

 同日正午までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで、関東地方北部 20センチ▽関東地方南部・神奈川西部15センチ▽甲信地方15センチ−−となっている。

タグ:大雪 23区
posted by 宝島S at 17:38| 神奈川 🌁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真樹日佐夫氏が『タイガーマスク』実写映画化を明言

オリコン 2月11日(金)12時46分配信

 全国に広がった子どもたちへのランドセルなどのプレゼント運動で注目された伊達直人こと『タイガーマスク』。1960年代後半から70年代前半に人気を集めたこのプロレス漫画・アニメが実写映画化に向けて動き出した。原作者の故・梶原一騎氏の実弟で、空手家の真樹日佐夫氏は10日、ORICON STYLEの電話取材に応じ、「5月クランクインして、11月公開を目指す。シナリオを書いているところで、まだキャストも決まっていない」と話した。

 『タイガーマスク』は、プロレス界を舞台に、日本人初の悪役覆面レスラー・タイガーマスクが、自分が育った孤児院「ちびっこハウス」の経営難を救うため、正義のヒーローに転向して、反則技を封印して悪の組織と戦う物語。

 真樹氏は世界空手道連盟『真樹道場』設立し、後進の指導に当たっているほか、真樹プロダクションを主宰し、映画プロデューサーとしても活動。小説家として1968年に『凶器』で第33回オール読物新人賞、2000年に『兄貴』でJLNA文学賞特別賞を受賞している。
posted by 宝島S at 13:08| 神奈川 🌁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。