2011年02月07日

午前の取引時間30分延長、5月9日から…東証

読売新聞 2月7日(月)22時54分配信

 東京証券取引所の午前の取引時間の延長措置が、5月9日から実施されることが7日、明らかになった。

 現在の取引時間は、「前場」が午前9〜11時、「後場」が午後0時半〜3時となっている。新たな取引時間は、前場の取引時間を午前11時半まで30分延長する。後場の取引時間はこれまでと変わらない。

 東証は既に証券会社に、実施の日時を通知しており、3月下旬から5月上旬まで4回にわたってテストを行い、問題がなければ予定通り実施する方針だ。

 取引時間の延長で午前11時から11時半までの30分間は香港やシンガポールなどアジア市場の取引時間と重なる。このため、投資家が他市場の動きを見ながら売買できるようになり、取引機会の拡大が期待される。
posted by 宝島S at 23:12| 神奈川 ☀| ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友インテルデビュー戦、一問一答

Goal.com 2月7日(月)14時0分配信

6日に行われたセリエA第24節で、日本代表DF長友佑都がインテルデビューを果たした。ローマをホームに迎えたこの一戦で、チームは5−3の勝利を飾っている。本拠地サン・シーロで75分からピッチに立った長友は試合後、ミックスゾーンで次のように質問に応じた。

−出場する前にレオナルド監督から何か言われていましたが。
「まずディフェンスをやって、それからどんどんお前の特徴である攻撃に出て行ってくれと言われました」

−(エステバン・)カンビアッソにも何か言われていましたよね。
「(攻め上がって受けたパスは)1本目に僕がオフサイドになったタイミングがあったんですが、そこでタイミングとかを話し合って。次からは問題なく、このタイミングで出れば大丈夫というのが分かりました」

続きを読む
posted by 宝島S at 16:54| 神奈川 ☀| ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永田死刑囚死亡、連合赤軍事件の「歴史に幕」

読売新聞 2月7日(月)3時1分配信

 1971〜72年に大量リンチ殺人などを起こした元連合赤軍最高幹部の永田洋子(ひろこ)死刑囚(65)が5日死亡したことで、永田死刑囚を知る関係者らからは「連合赤軍事件の歴史は幕を閉じた」「自らの責任を掘り下げてほしかった」などの声が漏れた。

 法務省の発表によると、永田死刑囚は5日午後10時6分、東京・小菅の東京拘置所で多臓器不全により死亡した。84年に脳腫瘍の手術を受け、2006年には脳萎縮による意識障害で寝たきりとなり、ここ1年間は意思疎通も困難な状態だった。昨年9月以降、誤嚥(ごえん)性肺炎で治療中だった。

 当時、群馬県警捜査1課指導官として取り調べを指揮した前橋市の鈴木万作さん(85)は「取り調べでは本当にしぶとく、最後まで『闘士』の顔を持った人だったが、病には勝てなかったのか」と振り返り、「連合赤軍事件そのものの歴史が本当に幕を閉じた」と、かみしめるように話した。
posted by 宝島S at 16:23| 神奈川 ☀| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。