2011年02月06日

河村氏、トリプル選完勝…名古屋市議会解散へ

読売新聞 2月6日(日)20時0分配信

 4月の統一地方選の前哨戦として注目された愛知県知事選、河村たかし前市長(62)の辞職に伴う出直し名古屋市長選は6日、同市議会解散の賛否を問う住民投票とともに投開票された。

 5新人が争った知事選は前衆院議員・大村秀章氏(50)(無所属)が初当選を決めた。出直し市長選は河村氏が3新人を退け、再選を果たした。政令市で初の住民投票も解散賛成が過半数を占めるのが確実で、来月に出直し市議選が行われる。

 元自民党県連会長の大村氏は河村氏と連携し、県民税10%減税、県と名古屋市を合体させる「中京都」構想などを訴え、自民党の一部国会議員や公明党県本部の支援を受け支持を広げた。

続きを読む
posted by 宝島S at 22:38| 神奈川 ☁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府側と対話方針=ムスリム同胞団

時事通信 2月6日(日)12時23分配信

 【カイロAFP=時事】ムバラク・エジプト大統領退陣まで政府側と交渉しない姿勢を示していた野党勢力、ムスリム同胞団の関係者は6日、スレイマン副大統領との対話を開始する方針を決めたと明らかにした。

 同胞団は同国最大の穏健派イスラム原理主義組織で、政府側との対話は初めて。この関係者は、対話の目的について「国益や国家独立に鑑み、民衆の要求が受け入れられる妥協点を見いだすため」と説明している。
posted by 宝島S at 19:54| 神奈川 ☁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツコ・デラックスが都内で著書『あまから人生相談』発売記念イベント

オリコン 2月6日(日)16時23分配信

 タレントでコラムニストのマツコ・デラックスが6日、都内で著書『あまから人生相談』(ぶんか社)発売記念イベントを行った。かねてから好意を寄せていた日本サッカー代表の長友佑都選手が世界屈指の強豪チームであるインテル・ミラノに移籍したことを受け、マツコは「ショックだった。聞いて、ひざから崩れ落ちたわ。100%望みがなくなった」と、さらに遠い存在になったことを嘆き「頑張ってほしいけど…」と複雑な“乙女心”をのぞかせた。

 長友選手を“好みのタイプ”と公言し、イタリア・チェゼーナへ移籍する際も不変の愛を誓っていたマツコ。しかし、今回の移籍で強豪チームの一員となった長友選手との間に生まれた“距離”を感じ取ったのか「インテルの服の上からじゃ、もう触れない」と肩を落とし、「頑張ってほしいけど、もうちょっとFC東京にいられなかったのかな」と、トーンダウンしながらエールを送っていた。

続きを読む
posted by 宝島S at 19:41| 神奈川 ☁| ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「フェースブック」が活躍=サイクロン被害食い止め

時事通信 2月6日(日)14時24分配信

 【シドニー時事】オーストラリア北東部のクイーンズランド州は、1918年以来という最強レベル「カテゴリー5」の超大型サイクロン「ヤシ」の直撃を受けたが、人的被害は最小限にとどまった。インターネット交流サイト「フェースブック」なども積極活用した州当局の警告や避難呼び掛けに多くの市民が耳を傾けたことが貢献したようだ。

 州警察のメディア責任者キム・チャールトン氏は、豪州でも利用者が増加しているフェースブックは災害時の情報受発信手段として「パーフェクト」と評価する。昨年5月ごろから活用を開始し、年末以降、州内で深刻化した洪水や今回のサイクロン来襲の際、記者会見の情報や市民らへの注意事項などを逐一発信した。

 警察のフェースブックには、洪水のピーク時に1日で3900万件の閲覧があったが、これほどのアクセスは自前のウェブサイトでは対応できないという。フェースブックは高機能携帯電話からも閲覧可能。市民が書き込んだコメントを通じて情報を集めることもできた。「非常に有益なツールだと分かった」という。
posted by 宝島S at 19:29| 神奈川 ☁| 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。