2010年11月19日

男子400メドレーリレー・どんでん返しの金 アジア大会

産経新聞 11月19日(金)0時5分配信

 電光掲示板の最上段に「JAPAN」の文字が浮かび上がると、悔し涙を流していた入江の顔はうれし泣きに一変した。男子400メートルメドレーリレー決勝は、真っ先にゴールした中国の引き継ぎ違反により、日本が繰り上がって金メダル。1994年広島大会からの連覇を5に伸ばした。

 6日間にわたって繰り広げられた38種目の最後のレースは、日本にとって絶対に落とせない種目だった。実施された過去13大会のうち、金メダルを逃したのは地元中国が優勝した90年北京大会だけ。両国のメンバーの力関係からは圧勝すら考えられた。

 だが、実際は違った。アンカーの原田がそれまでのリードをはき出し、残り25メートル付近で中国選手につかまった。相手の第2泳者が明らかに速いタイミングで飛び込んだために事なきを得たが、思いもよらぬ接戦に。日本代表の平井伯昌ヘッドコーチは「選手が硬くなり過ぎて実力が出せなかった。今大会を象徴しているんじゃないかな」。有終の美を飾ったというのに、笑顔はなかった。

 優勝の立役者となった第1泳者の入江は「最後の最後に日本に風が吹いた。僕が1秒以上離したから、それがプレッシャーになったのかな」と胸を張る。確かにそうかもしれないが、“お家芸”さえも脅かされつつあるほど、中国は猛烈な勢いで力をつけてきている。
posted by 宝島S at 18:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

萩原さんがピアノ部門優勝=日本人初―ジュネーブ国際音楽コンクール

時事通信 11月19日(金)8時20分配信

 【ジュネーブ時事】若手演奏家の登竜門となるジュネーブ国際音楽コンクールのピアノ部門最終審査が18日行われ、萩原麻未さん(23)=広島市安佐南区=が優勝した。同部門で日本人が優勝したのは初めて。

 萩原さんは最終審査でラベルのピアノ協奏曲を披露。「優勝するとは思わなかったので信じられない」と笑顔で喜びを語った。

 萩原さんは5歳からピアノを習い始め、2000年に13歳でイタリア・パルマドーロ国際コンクールで優勝。今年、パリ国立高等音楽院修士課程を首席で卒業し、現在はパリを拠点に活動している。

 ジュネーブ国際音楽コンクールは1939年発足。楽器演奏や声楽、指揮などクラシック音楽の幅広い部門を審査することで知られる。ピアノ部門ではアルゼンチン出身の世界的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチが57年に優勝している。
posted by 宝島S at 17:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チワワの桃、警察犬に合格…来年1月から出動!

読売新聞 11月19日(金)11時58分配信

 奈良県警の嘱託警察犬審査会で、同県桜井市の会社員松吉慶子さん(31)が飼育する雌のロングコートチワワ「桃」(7歳)が、合格し、県警が19日発表した。

 県警によると、チワワが嘱託警察犬になるのは極めてまれで、来年1月から災害現場などで活躍する。

 桃は体重3キロの小型犬で、12日に開かれた審査会の「捜索救助の部」に出場。遺留品のにおいを頼りに、5分以内に100メートル四方内にいる要救助者を捜す課題をクリアした。

 桃は訓練士の指導を受け始めた6年前から、機敏な動きで才能の片りんを見せていたといい、県警は「大型犬が入れない現場で活躍して」と期待している。

ラベル:チワワ 警察犬
posted by 宝島S at 17:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。