2010年11月12日

海保大へアクセス、USB使い入手か―映像流出で保安官・警視庁

時事通信 11月12日(金)22時39分配信

 沖縄・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突のビデオ映像流出事件で、第5管区海上保安本部神戸海上保安部の海上保安官(43)が、海上保安大学校(広島県呉市)のパソコンに保存されていた映像に巡視艇のパソコンからアクセスし、入手していた疑いのあることが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 巡視艇から持ち出す際、公用と私用のUSBメモリーを使い分けていたことも判明。警視庁捜査1課などはこれらパソコンなどを解析し、裏付けを進める。

 捜査関係者によると、映像は9月中旬には、石垣海上保安部(沖縄県)から第11管区海上保安本部(同)、海上保安庁(東京都)を経由し、海保大パソコンの共有フォルダー内に保存されていた。

続きを読む
posted by 宝島S at 23:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。