2010年11月10日

海上保安庁第5管区(神戸市)の職員が「映像流出に関与

産経新聞 11月10日(水)12時8分配信

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を撮影したビデオ映像がインターネット上に流出した事件で、海上保安庁第5管区海上保安本部(神戸市)の職員が「映像流出に関与した」と自ら名乗り出たことが10日、わかった。同庁は同日、この職員から聴取を進め、事実確認を行っている。

 事件をめぐっては、検察と警視庁が、国家公務員法(守秘義務)違反容疑などで捜査に乗り出している。海保が、検察などと連絡をとっているとみられる。

 映像は4日、インターネットの動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で公開された。海保の巡視船「よなくに」「みずき」に中国漁船が衝突した場面や漁船が違法操業している場面を撮影したもので、約2分半〜11分半の計6本、合計で約44分間あった。映像の投稿者名は「sengoku38」となっており、4日にユーチューブのアカウントを登録。5日に自ら映像を削除したが、コピーされた映像がネット上に多数拡散している。

 海上保安庁や検察当局のこれまでの調査などで、映像の長さや挿入された字幕などから、映像は石垣海保が証拠資料として数時間あるとされるオリジナル映像を編集、那覇地検に提出した十数種類の映像のうちの一つと判明。海保は現地に職員を派遣。関係者への聞き取り調査のほか、石垣海保のパソコンの履歴を解析するなどして、流出元の特定を急いでいた。

posted by 宝島S at 12:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尖閣ビデオ、神戸市内のネットカフェから投稿か

産経新聞 11月10日(水)9時20分配信

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の映像がインターネット上に流出した問題で、映像は神戸市内のインターネットカフェのパソコンから投稿された疑いが強いことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁捜査1課はネットカフェに捜査員を派遣。店の防犯カメラの映像や利用客に関する記録の提出などを協力を求める。

 捜査当局のこれまでの調査で、流出映像が石垣海上保安部(沖縄県石垣市)の共用パソコンで編集されたものと同一だったことから、石垣海保や那覇地検から流出した内部犯行との見方を強めていた。だが、沖縄から離れた神戸市内から投稿されていたことや、匿名性の高いネットカフェを選んで投稿していることから、海保や地検の職員でなく第三者が投稿した可能性があり、捜査は難航する恐れも出てきた。

続きを読む
posted by 宝島S at 09:48| 神奈川 ☀| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。