2010年11月03日

無党派層 オバマ流「チェンジ」に失望感

産経新聞 11月3日(水)23時8分配信

 【ワシントン=佐々木類】米中間選挙で共和党が下院で過半数を獲得し、上院でも躍進したのは、高止まりする失業率や過去最悪の財政赤字が、オバマ大統領の「変革」に対する米国民の失望をふくらませたことが最大の要因だ。とりわけ選挙の勝敗を大きく左右したのは、有権者の4割近くを占めるとみられる無党派層と女性有権者の動向だった。

 米ウォールストリート・ジャーナル紙の最新の世論調査によると、無党派層のオバマ大統領への支持率は40%まで落ち込んだ。米世論調査会社ラスムセンの最新の調査結果では、無党派層の52%が、今回の選挙は「オバマ大統領の政策実行力への信任投票」と答え、顕著な「オバマ離れ」がみられた。

 一方、女性有権者の票は、2006年など近年の中間選挙では共和党をしのぎ一貫して民主党に流れていた。しかし、ニューヨーク・タイムズ紙の調査によると、今回は女性有権者の45%が「共和党に投票する」と答え、41%の民主党を上回った。

続きを読む
posted by 宝島S at 23:35| 神奈川 ☀| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、大激戦の末にセルビア撃破!1次ラウンド全勝

サンケイスポーツ 11月3日(水)20時15分配信

 バレーボール女子世界選手権第5日(3日、国立代々木競技場ほか)4連勝中の日本は同じく1次ラウンド全勝のセルビアと対戦。28−26、29−27、18−25、27−25の3−1で勝利し、開幕5連勝とした。

 初戦でポーランドに逆転勝ちして以降は完勝が続いている日本、セルビアとの全勝対決で迎えた第5戦は大激戦となった。第1、第2セットをそれぞれデュースの末、木村沙織(24)や井上香織(27)の活躍で勝ち取ると、第3セットを18−25と落としたものの、第4セットも27−25として、3−1で勝利した。

 日本はこれで1次リーグを全勝で突破。準優勝した78年大会(ソ連=当時)以来32年ぶりの表彰台を目指し、2次ラウンドに進出する。日本と同じA組からは他にセルビア、ポーランド、ペルーが2次ラウンドに進む。

 B組のオランダとチェコも2次ラウンド進出を決めた。

posted by 宝島S at 21:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EU、レアアースで日米と連携=WTO提訴も視野

時事通信 11月3日(水)15時4分配信

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会は2日までに、中国によるレアアース(希土類)の輸出規制をめぐり、連携や情報収集のため日米と接触を始めた。中国の措置は国際貿易ルールに抵触する恐れもあるとして、世界貿易機関(WTO)への提訴を視野に、レアアース確保で効果的な対策を検討していく。

 欧州委報道官は取材に対し、中国が2010年下半期、外国企業を差別するやり方でレアアース輸出枠の大幅削減に踏み切った結果、世界への供給は減少し、市場に混乱が生じたと強調。こうした措置がWTOルールに矛盾しないとの中国の主張を「大いに疑問に感じている」とした上で、「事態を注視し、WTOを含む最も効果的な手だてで障壁(の除去)に取り組む」と語った。
posted by 宝島S at 16:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テロ資料流出>海外サーバーを経由 流出元の捜査困難に

毎日新聞 11月3日(水)2時32分配信

 警視庁公安部の国際テロ捜査などに関する内部資料とみられるデータがインターネット上に流された問題で、データはルクセンブルクのサーバー経由だったことが捜査関係者の話で分かった。海外サーバーを使うことで捜査を困難にさせる目的があった可能性がある。パソコンがウィニーなどファイル共有ソフトを介してウイルス感染した場合に流される情報も見当たらず、何者かが故意に特定の情報を流出させた可能性が高まった。関係者からは「流出元をたどるのは容易ではない」との指摘も出ている。

 捜査関係者や専門家によると、ウィニーを介して流された記録には、ルクセンブルクを経由した記録が残っていた。研究者は「日本でウイルス感染した場合は通常、出元は日本のサーバー」と指摘する。警視庁は最初の流出に使われたサーバーの特定を急いでいる。

 ネット上で確認されているデータは、テロ捜査の「協力者」や「捜査対象」などに関するリポートや会議記録など114の文書が一つにまとめられ、このうち108がPDF形式という電子文書に変換されていた。

続きを読む
posted by 宝島S at 10:28| 神奈川 ☀| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矢野氏の叙勲 公明党にくすぶる猜疑心

産経新聞 11月3日(水)7時19分配信

 秋の叙勲で元公明党委員長の矢野絢也氏の旭日大綬章の受章が決まった。公明党の支持母体である創価学会の池田大作名誉会長への叙勲が実現していないこともあり、公明党OBは調整段階で辞退することが慣例となっている。それだけに創価学会と対立する矢野氏の受章は公明党の民主党への猜疑(さいぎ)心に火をつけることになった。

 「政府が判断したことであり、ノーコメントだ」

 公明党の山口那津男代表は2日、産経新聞の取材ににべもなかった。だが、公明党幹部はこうつぶやく。

 「なんで今こんな要らないことばかりするのかね。何考えてるんだか。仙谷(由人官房長官)さんの頭の中を割ってみたいよ…」

続きを読む
posted by 宝島S at 10:12| 神奈川 ☀| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。