2010年10月29日

日本、0−2から大逆転!ポーランド下し白星発進/世界バレー

サンケイスポーツ 10月29日(金)21時13分配信

 バレーボール女子の世界選手権は29日、東京・国立代々木競技場など国内4会場で1次リーグが開幕。日本はポーランドと対戦し、26−28、21−25、25−20、25−23、15−12とフルセットの末、セットカウント3−2で逆転勝利した。

 日本は第1セット途中、1年ぶりに主要国際大会のメンバーに復帰した栗原を投入。デュースに持ち込み粘ったが、26−28で惜しくも落とした。第2セットも21−25で続けて落としたが、第3セットはサービスエースを決めた木村の活躍などで25−20で奪った。続く第4セットもママさん選手の山本の活躍などで25−23と連取した。

 試合は第5セットまでもつれ込み、勢いづいた日本がポーランドのミスにも助けられ、15−12で奪取。セットカウント0−2から大逆転で勝利した。昨年の真鍋監督就任以降1勝5敗と苦手としているポーランドを下し、78年大会(ソ連)以来32年ぶりのメダルを狙う日本は幸先のよい白星スタートを切った。

posted by 宝島S at 22:42| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太田光、夢の小説家デビュー 短編集「マボロシの鳥」発売

まんたんウェブ 10月29日(金)14時16分配信

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんが29日、作家デビュー作となる短編集「マボロシの鳥」(新潮社)を出版し、会見を開いた。太田さんは「小説家になるのは夢だった。(世間の評価が)ダメでもいい本が出せたという気持ちになれた。あとは死んでもいいや」と喜びを語り、「売れたら爆笑問題をやめて、小説家一本でいくか?」という質問に「あります。印税生活は夢なので」と即座に回答していた。

 「マボロシの鳥」は、芸人の一瞬の輝きを一羽の鳥に託した表題作、砂漠とテロの国で守りたいものを問う「奇跡の雪」、いじめに遭う高校生のプライドを描く「ネズミ」など、太田さんが1年半かけて書きためたという短編9編を収録。四六判で292ページ、1575円。ビートたけしさんや作家の角田光代さんらが帯に推薦文を寄せている。

 「芸能界きっての読書家」という太田さんは、周囲から批評がないとぼやいた後で、「(批評してほしいのは)村上春樹さんで、大ファンです。村上さんより早くノーベル文学賞をいただきたい」とジョークを飛ばしながら、「全部読んでいます。ぜひ感想を」と呼びかけていた。

posted by 宝島S at 15:55| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアのプーチン首相の娘、韓国人男性と結婚へ

中央日報日本語版 10月29日(金)10時20分配信

ロシアのプーチン首相が韓国人の婿を迎える。プーチン首相の末娘カテリーナさんが(24)がユンさん(26)と近いうちに結婚する予定だと28日、伝えられた。

カテリーナさんとユンさんは8月22日、日本北海道網走のリゾートで休養中だったユンさんの父ユン・ジョング予備役海軍提督(66)と母を訪ね、あいさつをした。この過程をよく知る知人は「2人は当時、ユン元提督と一緒にいた権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日韓国大使にもあいさつをし、ユン元提督も息子の結婚を認めたと聞いている」と話した。

ブラジルに滞留中のユン・ジョング元提督は27日、中央日報との電話で、「近いうちに結婚を発表するが、その時まで報道を控えてほしい」と要請したりもした。ユン元提督は1990年代末、モスクワ大使館で武官として勤務、現在は在郷軍人会国際協力室長を務めている。

続きを読む
posted by 宝島S at 11:51| 神奈川 ☔| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。