2010年10月13日

ユーストリームで「祝福コメント」殺到 チリ落盤事故救出

20101013-00000076-jijp-000-0-thumb.jpg
写真は時事通信

J-CASTニュース 10月13日(水)12時32分配信

 チリ北部の鉱山で2010年8月に起きた落盤事故で閉じ込められている作業員33人を地上に引き上げる作業が10月13日午前(日本時間)、始まった。

 作業開始から約1時間後に、1人目の作業員が事故から68日ぶりに姿を現した。救出の様子は、ユーストリームで生中継されており、3万人以上が視聴。コメント欄には、「おめでとう!」などと日本語の歓喜の声が次々にあがった。

■ユーストリーム中継は日本人視聴者が多い

 救出活動は日本時間で午前11時20分頃始まり、11時半頃に、「フェニックス」(不死鳥)と名付けられた救出用カプセルが地下に到着。11時50分過ぎ、カプセルの引き上げが始まった。続きを読む
posted by 宝島S at 23:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | 注目情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国紙も日本代表を評価「侮れない相手」

サンケイスポーツ 10月13日(水)18時14分配信

 引き分けに終わったサッカー日韓戦から一夜明け、13日付の韓国紙(日本語版)は「韓国代表の問題点をことごとく露呈させた」と日本代表への賛辞を並べ、本田圭佑(CSKAモスクワ)に「ピッチで断然引き立って見えた」と賞賛を送った。

 朝鮮日報は「“強豪”に成長した日本は、もはや侮れるような相手ではなかった」と、W杯南ア大会で16強進出を果たした日本を評価。「ペナルティーエリアで体で止めようとした際、ボールが手に当たりPKを取られるところだった」と苦戦の様子を伝えた。

 指揮を執った韓国のチョ・グァンレ監督も同紙に対し「日本は強くなった。前進守備のプレスが強く、攻撃のテンポも早かった」と成長を認めた。

 中央日報は本田の存在感を強調。「独特の強いフィジカルと左足シュートで韓国ゴールを脅かし、なぜ日本の次世代エースと呼ばれるかをはっきりと示した」と絶賛した。
posted by 宝島S at 21:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大沢親分の通夜に1200人が参列

デイリースポーツ 10月13日(水)19時59分配信

 7日に胆のうがんのため78歳で死去した元日本ハム監督の大沢啓二(本名昭=あきら)氏の通夜が13日、東京・港区の増上寺光摂殿でしめやかに営まれた。面倒見の良さから“大沢親分”と親しまれた故人をしのび、TBSの番組でともにご意見番を務めた張本勲氏、立大の後輩にあたる長嶋茂雄氏、大沢氏に請われて広島から日本ハムにトレード移籍した江夏豊氏ら1200人が参列した。葬儀・告別式は14日正午から同所で執り行われる。
posted by 宝島S at 21:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日本代表】遠藤保仁が語る「ザック・ジャパンになって変わったこと」

スポルティーバ 10月13日(水)18時33分配信

 ザッケローニ監督の下、新生・日本代表は強豪アルゼンチン戦、アウェーの韓国戦を1勝1分けで終え、上々のスタ−トを切った。

 岡田ジャパンで攻守の要だった遠藤保仁は、ザック体制になっても引き続きレギュラーを確保し、いぶし銀的な存在感を醸し出している。過去、ジーコ、オシム、岡田と3人の代表監督の下でプレイしてきた遠藤にとって、2試合を終えたザックのサッカーは、どんなふうに映っているのだろうか。

「守備は、すごく安定してきたね」
 遠藤は、開口一番、そう言った。

続きを読む
posted by 宝島S at 19:54| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尖閣の中国名表示削除を…グーグルに自民要請

読売新聞 10月13日(水)18時50分配信

 自民党は13日、検索最大手の「グーグル」に対し、同社の地図サービス「グーグルマップ」で、尖閣諸島の表記に併記されている中国名を削除するよう申し入れた。

 グーグルマップ上では、尖閣諸島と同諸島の魚釣島について、それぞれ中国名の「釣魚群島」「釣魚島」が併記されている。

 同社の日本法人を訪れた小野寺五典「影の内閣」外務担当は「中国と領有権問題が存在する領域であるかのごとき表記で誤りだ」として、日本語表記のみにするよう求めた。

 グーグル日本法人は「米本社に伝える。しかるべき時期に返答したい」と述べた。
posted by 宝島S at 19:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマ政権核実験 「平和賞何だったのか」…被爆者ら怒り

毎日新聞 10月13日(水)13時48分配信

 米政府がオバマ大統領の政権下で初めて臨界前核実験を実施したことが明らかになり、被爆地の広島・長崎では波紋が広がった。「核兵器なき世界」を目標に掲げ、昨年のノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領への期待が大きかっただけに、怒りや失望の声が渦巻いた。

 広島県被団協の坪井直理事長(85)は「一言で言えば、裏切られた。どんな国、理由であれ、核実験と名が付くモノは絶対反対」と批判。

 「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」の森滝春子共同代表(71)は「『核なき世界を目指す』と言いながら、核開発や核戦力の維持をする米国の核政策の表れ。言行不一致で許せない。インドやパキスタン、イスラエル、北朝鮮などに対し、開き直りを促進してしまう可能性がある」と批判した。続きを読む
posted by 宝島S at 14:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。