2010年10月04日

東芝、世界初のメガネ不要3Dテレビを12月下旬に国内発売

ロイター 10月4日(月)18時17分配信

 [幕張(千葉市) 4日 ロイター] 東芝<6502.T>は4日、立体的な映像を見ることができる「3Dテレビ」について、世界で初めて専用メガネなしで視聴できる方式で商品化し、12月下旬に液晶テレビ2機種を国内で発売すると発表した。

 ただ、画面サイズは12型と20型にとどまっており、一般に販売されている薄型テレビに比べるとかなり小型。製造コストも今回発表した想定価格をかなり上回るもようで、課題を抱えながら商品化を先行させた形だ。

 今年発売された現行タイプの3Dテレビは、専用メガネに内蔵されたシャッターが左右の目に別々の映像を映すことで立体的な映像の視聴を可能にする。パナソニック<6752.T>が今年4月、ソニー<6758.T>が今年6月に専用メガネで視聴する3Dテレビをそれぞれ国内で発売するなど、市場の立ち上げは始まったばかりだ。続きを読む
posted by 宝島S at 21:04| 神奈川 ☔| Comment(0) | ショッピング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。