2010年10月02日

日銀、追加金融緩和へ=4日から決定会合

時事通信 10月2日(土)19時0分配信

 日銀は4日から2日間の日程で金融政策決定会合を開催し、追加の金融緩和策を決定する見通しだ。約15年ぶりの円高進行や、エコカー購入補助金などの景気刺激策の終了を受け、企業を中心に景気の先行き懸念が増大しているため、一段と潤沢な資金供給を行い景気の下支え姿勢を鮮明にする。

 具体的な緩和策としては、政府・日銀の円売り・ドル買い介入で放出される円資金を市場に放置(非不胎化)する政策の緩和効果を高める手段として、国庫短期証券の購入増額案が浮上。固定金利で民間金融機関に資金を供給する新型オペレーション(公開市場操作)の拡充も検討対象に挙がっている。
posted by 宝島S at 20:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。