2010年10月17日

乗り物酔い>克服、でんぐり返しで 毎日前後5回

毎日新聞 10月17日(日)10時35分配信

 遠足や旅行に水を差す、子どもの乗り物酔い。せっかくの楽しいイベントが一気に憂うつなものに転じかねない。酔い止め薬も効かない重症者の治療も手掛ける石井正則・東京厚生年金病院耳鼻咽喉(いんこう)科部長に、克服法を聞いた。【田村佳子】

 外来には、電車の1駅さえ乗れない子も訪れる。「乗り物酔いは、体のバランスをつかさどる内耳への刺激と、視覚情報とのズレによって生じます」。石井医師は切り出した。

 車が止まったり曲がったりする時、内耳には大きな刺激が加わるが、視界はそれほど動いていないため、感覚にズレが生じる。このズレを脳が「不快」と判断した場合、自律神経が刺激され、吐き気などが生じる。内耳や自律神経を鍛え、感覚のズレを脳が不快と思わなくなるまで揺れに慣れれば、酔わなくなるという。

続きを読む
posted by 宝島S at 19:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競馬>アパパネ牝馬3冠達成 秋華賞

毎日新聞 10月17日(日)15時57分配信

 中央競馬の第15回秋華賞競走(G1、優勝賞金8900万円)は17日、京都競馬場の芝2000メートルに3歳牝馬18頭が出走して行われ、蛯名正義騎手が騎乗する1番人気のアパパネが優勝。春の桜花賞、オークスと合わせ、史上3頭目の牝馬3冠を達成した。蛯名騎手、国枝栄調教師とも同競走初勝利。

 アパパネは4月の桜花賞を制した後、5月のオークスではサンテミリオンと中央競馬のG1レース史上初めて同着で優勝を分け合っていた。過去の牝馬3冠は秋華賞創設以前のエリザベス女王杯で達成した1986年のメジロラモーヌと、2003年のスティルインラブだけで、7年ぶりの快挙だった。

 アパパネは父キングカメハメハ、母ソルティビッドで、北海道安平町のノーザンファーム生産。馬主は金子真人ホールディングス。
posted by 宝島S at 19:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クルム伊達、初の40代優勝ならず

時事通信 10月17日(日)15時23分配信

 テニスのHPジャパン女子オープン最終日は17日、大阪・靭テニスセンターで行われ、シングルス決勝で、世界ランキング56位、40歳のクルム伊達公子(エステティックTBC)は同94位のタマリネ・タナスガーン(タイ)に5―7、7―6、1―6で敗れ、女子ツアーの最年長記録を塗り替える初の40代優勝は果たせなかった。

 1968年のオープン化(プロ解禁)以降の女子ツアーの最年長優勝は、四大大会通算12勝を挙げた往年の名手ビリー・ジーン・キング(米国)が83年に勝った際の39歳7カ月。9月28日に40歳となったクルム伊達は、この記録更新と昨年9月の韓国オープン以来のツアー9勝目を狙ったが、競り合いの末に最終セットで力尽きた。33歳のタマリネはツアー今季初の通算4勝目。

 ダブルスで決勝に進んだ青山修子(近藤乳業)藤原里華(北日本物産)組も準優勝だった。
posted by 宝島S at 19:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

チリ落盤 当初は殴り合いも-地下生活の様子、少しずつ明らかに

毎日新聞 10月16日(土)13時44分配信

 【コピアポ吉富裕倫、國枝すみれ】チリ北部コピアポ郊外のサンホセ鉱山の落盤事故で、15日までに退院した作業員31人の話から、2カ月以上も続いた地下生活の様子が少しずつ明らかになっている。

 8月5日に落盤事故が発生した数日後、2回目の落盤が発生し、坑内は真っ暗になって地上と完全に遮断されたという。「私たちはただ死を待つだけだった。消耗し続け、やせこけていった。妻とも(11月に生まれる予定の)子供とも会えないと思った」。AFP通信によると、リチャルド・ビジャロエルさん(26)は地元メディアなどに語った。

 作業員らは地下にあったツナ缶や牛乳などを分け合って飢えをしのいだとされていたが、実際には牛乳は賞味期限が切れ、何とか見つけた水も石油の味がしたという。ビジャロエルさんも体重が10キロ以上も減った。

続きを読む
posted by 宝島S at 19:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

宮本前駐中国大使>漁船衝突で苦言

毎日新聞 10月15日(金)21時48分配信

 今年7月に離任した宮本雄二・前駐中国大使が15日、東京都内の日本記者クラブで講演した。宮本氏は尖閣諸島沖・漁船衝突事件での日本政府の一連の対応について「国家は1本の背骨が入っていないとダメだ。ふにゃふにゃした国が外交をやっても、その外交はふにゃふにゃになる」と指摘。その上で「日本では国論が一致しない。(外交官は)国内でエネルギーの7割を使い果たし、3割の力で外に出ていく。国民のコンセンサスを背景にやらせていただければ、納得してもらえる外交がやれる」と述べ、脅威論が高まる中国への対応に関し、国内全体での方向性の一致が不可欠との考えを示した。中国の国家像は「極めて多面的で複合的であり、正確に把握するのは並大抵でない」と強調した。
posted by 宝島S at 22:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発売3か月で1万個の売り上げ!“ご飯が炊ける弁当箱”ヒット

東京ウォーカー 10月15日(金)18時14分配信

「朝は何かと忙しくて弁当を作る時間もない…、かといって毎日外でランチを楽しむ余裕もない…」なんて思いながら昼休みに職場や学校で出来合いの弁当ばかり食べている人も少なくないはず。そんな人たちにおすすめしたいユニークな商品が今年5月に登場し、発売3か月で約1万個を売り上げるヒット商品となっている。琳聡堂の「HOTデシュラン」(6980円)だ。

これは、電気さえあれば、いつでも炊きたてのご飯を食べることができる“炊飯機能付きの弁当箱”。使い方は簡単で、例えば、付属の「おかずケース」に夕飯の残り物や冷凍食品などを入れて出勤し、本体に無洗米と水を入れたあと、「おかずケース」をセットして炊飯スイッチを入れるだけで、30分後には炊きたてのご飯と温かいおかずを同時に食べることができる便利グッズだ。

続きを読む
posted by 宝島S at 19:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | ショッピング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷亮子議員>会見での一問一答…柔道引退表明

毎日新聞 10月15日(金)17時39分配信

 シドニー、アテネ両五輪の柔道女子48キロ級で金メダルを獲得し、現在参院議員の谷亮子さん(35)=オフィス・リョウコ=が15日、東京・永田町の憲政記念館で会見を開いて現役引退を表明した。民主党の小沢一郎元代表とともに会見した谷議員は「本日、競技生活の一線から退くことになった。柔道と政治活動の両立を多くの方に支持していただいたが、今後は国政の場でスポーツ振興やスポーツの環境づくりに尽くしていきたい」と述べ、今後は議員活動に専念する考えを示した。

◇会見での発言は次の通り。

 谷氏 競技生活の第一線から退くことにした。長年にわたって心から応援してくれた日本中、世界中の多くのみなさまに心から感謝を申し上げたい。私自身、多くの方々のバックアップ体制の下、最高の成績を残すことができた。現在に至るまで、マスコミの方々にも盛り上げていただき、大きな大きな応援をいただいたことに感謝を申し上げたい。柔道と政治活動を両立したいという気持ちを多くの方に支持していただいたが、今日を機に国政の場でスポーツの振興やスポーツの環境づくりに力を尽くしたい。

続きを読む
posted by 宝島S at 18:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱、小型車をタイで生産し逆輸入…12年以降

読売新聞 10月15日(金)14時49分配信

 三菱自動車は15日、開発中の主力の小型自動車を2012年初頭からタイで生産し、日本で販売することを明らかにした。

 価格競争が激しい小型車の生産を国内で続けるのは厳しいと判断し、小型車の生産は段階的に国内から海外に移す。円高や小型車を巡る価格競争の激化に加え、税制上もタイで生産する方が有利なためだ。国内自動車大手が海外に生産拠点を移す動きが加速する可能性もある。

 三菱自は、現行の小型車「コルト」(排気量1・3リットル、1・5リットル)に代わる小型車を開発中だ。排気量は1〜1・2リットル程度で、ライバルの日産マーチの1リットルあたり26キロ程度の低燃費を想定し、価格も100万円を切ることを目指している。
posted by 宝島S at 17:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

作業員33人、全員無事生還=「チリ万歳」、歓喜広がる

時事通信 10月14日(木)9時59分配信

 【サンホセ鉱山(チリ)時事】チリ北部コピアポ近郊のサンホセ鉱山に作業員が閉じ込められた落盤事故で、12日夜に開始された救出作業は13日午後9時55分(日本時間14日午前9時55分)、33人全員を無事引き上げて完了、空前の救出作戦は事故発生から69日ぶりに大成功のうちに終わった。

 現場ではピニェラ大統領らが見守る中、最後に救出された現場監督のルイス・ウルスアさん(54)が特殊カプセル「フェニックス(不死鳥)」から姿を見せると、「ビバ!  チリ(チリ万歳)」などとひときわ大きな歓声が上がり、チリ国旗を振る人も見られた。ウルスアさんと抱き合った大統領は「チリはかつてなく結束し、世界でより尊敬されるようになった。作業員らは偉大な模範だ」と生還を果たした33人をたたえた。

続きを読む
posted by 宝島S at 20:06| 神奈川 ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界一背が低い人に=ギネス記録

時事通信 10月14日(木)16時5分配信

【ポカラ(ネパール)14日AFP時事】ネパールのカジェンド・タパ・マガルさんが14日、18歳の誕生日を迎え、ギネスから正式に世界一背の低い人に認定された。

 マガルさんは身長65・5センチ、体重5・5キロ。ギネス世界記録に世界一背の低い人の認定を申請していたが、まだ18歳に達していないとの理由で認められず、これまでは70・21センチのコロンビアのエドワルド・ニーニョ・エルナンデスさんがその座を占めていた。

 ギネスの調査員が今週、マガルさんが育った村の近くのポカラを訪れ、身長測定などの最終チェックを行い、新記録と認定した。マガルさんは既に著名人で、首相に数回会い、観光大使に任命されいる。9月には招待されてニューヨークとロンドンを訪れた。

 マガルさんの夢は、結婚して花嫁のハンドバッグに入って世界旅行をすることだという。
posted by 宝島S at 20:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。