2010年07月31日

酒井法子、離婚成立

7月31日9時17分配信 デイリースポーツ

 覚せい剤取締法違反の罪で昨年11月に懲役1年6月執行猶予3年の刑が確定した元女優の酒井法子さん(39)が、ともに有罪判決を受けた夫の高相祐一氏(42)と離婚していたことが30日、明らかになった。執行猶予が明ける2年後の芸能界復帰を目指しているとされる酒井さんだが、現在仕事のオファーは全くなく、周囲からは「簡単にはいかないだろう」との声も。離婚という区切りを付けたとはいえ、それでも薬物に手を出した代償は今でも大きくのしかかっている。
  ◇  ◇
 日本中を驚がくさせたあの覚せい剤事件から1年。酒井さんの離婚がようやく成立した。関係者の話を総合すると、成立したのは今月に入ってからのようで、親権は酒井さんが持ち、慰謝料などはないようだ。昨年12月の夫・高相氏の有罪判決(懲役2年執行猶予4年)が確定後、双方が弁護士を立て、離婚に向けた協議を進めていた。続きを読む
posted by 宝島S at 18:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円一時15年ぶりに85円台〔NY外為〕(30日)

7月31日7時0分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】週末30日のニューヨーク外国為替市場は、米成長率の減速を受けて円が上伸、当市場としては一時1995年7月以来、約15年ぶりの1ドル=85円台に突入した。ただ、ドル売り一巡後は景況指数の改善などを眺めて円の上値は重く、午後5時現在は86円40〜50銭と、前日同時刻(86円75〜85銭)比35銭の円高・ドル安で推移している。

 米商務省が朝方発表した2010年第2四半期(4〜6月期)の実質GDP(国内総生産)速報値は前期比2.4%増加した。4期連続のプラスとなったものの、伸び率は2期連続で縮小。さらに、依然厳しい雇用情勢を反映して、GDPの約7割を占める個人消費支出は同1.6%増と、ブレーキがかかった実態が示された。このため、米景気の先行きに悲観的な見方が強まり、円買い・ドル売りが加速。「86円ちょうどに控えていた複雑なオプション絡みのドル売りも重なったもよう」(邦銀筋)で、円は86円台前半から一気に85円95銭まで急騰した。

続きを読む
posted by 宝島S at 18:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

速度出し過ぎが原因=スイス「氷河特急」脱線事故で専門家チーム

7月30日22時31分配信 時事通信

 【ブリーク(スイス)時事】スイス南部のアルプスで起きた観光列車「氷河特急」の脱線事故の原因究明を進めている同国政府の専門家チームは30日、当地で記者会見し、「事故当時、運転士が過度なスピードで列車を運行し、車両が脱線した」とする暫定調査結果を発表した。

 専門家チームの責任者コベルト氏は、「事故列車の運転士が加速を急ぎ過ぎた」と指摘。制限速度が時速35キロの場所で、56キロに達し、列車が脱線したと断定した。

 同チームは、事故に関して(1)車両本体の状態(2)事故前後の気象条件(3)事故現場の地盤(4)車両の走行状況―などについて検証していた。さらに詳細に調査を続け、最終結果を確定する。

 氷河特急の運営会社マッターホルン・ゴッタルド鉄道側は会見で、「人為的ミスで重大な事故を起こし、多くの人に被害を出したことを非常に遺憾に思う。責任を受け入れ、被害者に対しできる限りのことを行う」と表明した。

 今月23日に起きた同事故では、観光で列車に乗っていた国本安子さん(64)が死亡、日本人2人の重体を含む多数の負傷者を出した。 
posted by 宝島S at 23:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

秋葉原事件の加藤被告、警官の説得で自殺断念

7月29日12時53分配信 読売新聞

 東京・秋葉原で2008年6月、17人が死傷した無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員・加藤智大(ともひろ)被告(27)の2回目の被告人質問が29日、東京地裁で行われた。

 加藤被告は事件の約半年前の07年11月、自殺を図ろうとして上京したが、警察官から説得され、思いとどまっていたことを明らかにした。

 証言によると、加藤被告は携帯電話の掲示板サイトで知り合った兵庫県内の女性との交遊がうまくいかないと思い込み、同月、駅で飛び込み自殺をしようとJR秋葉原駅に向かった。

 しかし、人身事故で電車が止まっていたため、東京・上野の駐車場に止めた車に戻った。その後、不審に思った警察官から話しかけられ、泣きながら「自殺を考えている」と打ち明けたところ、「お前は頑張りすぎだ。肩の力を抜け」と言われ、自殺を断念したという。
posted by 宝島S at 13:51| 神奈川 ☔| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

牛丼“底値”バトル 吉野家 並盛り270円スタート 

7月28日15時37分配信 産経新聞

 牛丼大手の吉野家が28日、期間限定で並盛りを従来から110円値引きし270円とするキャンペーンを開始し、関西圏で大手3社の値引き合戦が火ぶたを切った。ただ、1日早く27日から割引をはじめた「すき家」や、6月以降、近畿2府4県では値引き価格を据え置いている「松屋」は、並盛り250円と吉野家を下回る価格で包囲網を敷く。消費者の低価格志向が強まる中で、各社の最安値をめぐる戦いは、さながら“真夏の消耗戦”の様相を呈してきた。

 この日、午前10時から割引を始めた吉野家。大阪のオフィス街にある阿波座店(大阪市西区)は、キャンペーンの開始を待って、早めの昼食に訪れたビジネスマンや若者らでにぎわった。

 牛丼業界では、松屋を運営する松屋フーズが昨年12月に牛めし並盛りを380円から、業界最安値となる320円に値下げする価格改定を実施。直後にすき家を運営するゼンショーが、通常330円だった並盛りを280円に価格改定し、低価格競争が勃発(ぼっぱつ)した。続きを読む
posted by 宝島S at 16:20| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉法相-死刑執行を命令

7月28日13時5分配信 毎日新聞

 千葉景子法相は28日午前11時過ぎから法務省内で死刑執行について記者会見し「大変残忍な事件で被害者、遺族も無念だったと思う」と述べ「慎重に検討させてもらい、死刑執行を命令した」と厳しい表情で語った。

 2人の死刑執行に法相として初めて立ち会ったことについては「自らの目で確認し、死刑について深く考えさせられるとともに、根本からの議論が必要だと感じた」と述べる一方、執行場面を見た個人的な感想については「コメントは差し控える」と話した。

 参院選で落選して民間大臣となったタイミングでの執行について問われると「まったく関係ない。時間をかけて検討し、問題がないかどうかを精査した結果、このような時期になった」と強調。死刑執行と勉強会発足の発表が同時になったことについては「セットで考えていたわけではない」と述べた。

 法相就任前までは超党派でつくる「死刑廃止を推進する議員連盟」のメンバー。「死刑廃止という信念を曲げた心境は」と質問され「(今後の議論で)『廃止』という一つの方向性が出れば、国民的議論の回答だ」などと述べ、「私が何か考え方を異にした(変えた)のではない」と語った。
posted by 宝島S at 16:16| 神奈川 ☔| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

辻元氏が社民離党表明=野党に限界

7月27日14時31分配信 時事通信

 社民党の辻元清美衆院議員(50)=大阪10区=は27日午後、大阪市内で記者会見し、離党の意向を正式表明した。理由については「それ(批判や反対)だけでは日本を変えることができない」と、野党としての社民党に限界を感じたことを挙げ、今後は無所属で活動する考えを示した。参院選敗北に続き、次期党首の最有力候補と目された辻元氏を慰留できなかったことを受け、党内で福島瑞穂党首の進退を問う声が強まった。

 これに先立ち、辻元氏は党大阪府連に離党届を提出。執行部は29日の常任幹事会で扱いを協議する。辻元氏が離れることで、社民党の勢力は衆院6人、参院4人の計10人となる。

 会見で辻元氏は、「小さな政党が政権の外に出たら、あらゆる政策の実現が遠のいていくことも心配だった」と述べ、連立政権から離脱した党の現状への厳しい認識を表明。民主党内に会派入りを期待する声があることについては「これからのことは白紙」と明言を避けた。ただ、「政権で働く中で、いろんなことを具体的に解決していく政治を進めたいとの思いが強くなった」と述べ、与党寄りで活動する考えを示唆した。

 辻元氏は1996年に初当選し、当選4回。鳩山内閣で国土交通副大臣を務めたが、社民党の連立離脱に伴い、辞任した。
posted by 宝島S at 16:30| 神奈川 ☔| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋葉原殺傷16回公判・法廷ライブ-後半

7月27日13時55分配信 産経新聞

(8)加藤被告、高校入学最初の試験「ビリから2番目」


 《東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた加藤智大(ともひろ)被告(27)。1時間半の休憩を挟み、午後1時半から弁護側の被告人質問が再開された》

 《白いシャツに黒いスーツ姿の加藤被告が入廷。傍聴席に一礼し、弁護側の前に座ると、村山浩昭裁判長が再開を告げた》
 裁判長「では、午後の審理を始めます。引き続き被告人質問を行います。被告人は証言台の前の席に座ってください」
 《証言台の前の席に座る加藤被告。小さな声で弁護人と何か話している》
 《女性弁護人が、質問を始めた》


 

続きを読む
posted by 宝島S at 14:51| 神奈川 ☔| Comment(1) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋葉原殺傷16回公判・法廷ライブ-前半

7月27日13時55分配信 産経新聞

(1)母親「経済的な損害賠償は不可能」

 《東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の第16回公判が27日午前10時前、東京地裁(村山浩昭裁判長)で始まった》
 《今回の公判からは、注目の加藤被告本人の被告人質問が行われる予定だ。半年前の今年1月28日の初公判では起訴内容を認め「私にできるせめてもの償いは、どうして今回の事件を起こしてしまったのかを明らかにすること。詳しい内容は後日説明します」と話した加藤被告。秋葉原の歩行者天国で無差別に通行人を殺傷するという理不尽極まりない惨劇を引き起こした理由が、ついに法廷で語られるときがやってきた》
 《これまでの15回にわたる公判では、重軽傷を負った被害者9人や目撃者ら計34人が検察側証人として出廷。「まるで戦場のようだった」「人生最悪の日だった」「死刑しかないと思う」などと語り、凄惨(せいさん)を極めた事件当時の状況が生々しく再現されてきた》続きを読む
posted by 宝島S at 14:47| 神奈川 ☔| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

元女優の早乙女愛さん死去

7月26日16時26分配信 時事通信

 映画「愛と誠」(1974年)のヒロイン役で知られた元女優の早乙女愛(さおとめ・あい、本名瀬戸口さとみ=せとぐち・さとみ)さんが20日午前3時51分(現地時間)、多臓器不全のため米国シアトルで死去した。51歳だった。鹿児島県出身。葬儀は近親者で済ませた。

 人気劇画「愛と誠」の映画版のヒロインに一般公募で選ばれ、役名と同じ芸名でデビュー。テレビ、舞台でも活躍した。代表作に映画「北の蛍」「逃走地図」「女猫」、ドラマ「新ハングマン」などがある。

 関係者によると、出産を機に女優業を引退し、8年前からシアトルで暮らしていた。 

posted by 宝島S at 17:11| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。