2010年02月25日

惑星の大気を“食べる”恒星

20100225-00000001-natiogeo-int-view-000.jpg
2月25日(木) 16時48分
ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

 太陽系外で確認されている最も高温な惑星の1つが徐々に主星に“食べられている”という最新の研究が発表された。

 2008年に発見された太陽系外惑星WASP-12bは木星と似た性質を持つ。主星から非常に近い距離を公転しているため、公転周期はわずか26時間である。主星との距離が近いため、主星からの熱と、引き合う重力の影響で生じる潮汐加熱が重なり、WASP-12bの表面温度は摂氏2600度を超える。

続きを読む
ラベル:恒星 惑星
posted by 宝島S at 21:55| ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。