2010年02月22日

カーリング・談話-五輪

 2/22  時事通信

◇あしたが正念場
 阿部晋也監督 出だしが悪かった。ドイツが得意なヒッティングの試合になり、簡単に後手に回ってしまった。あしたのスイス戦が正念場。セオリー通りではなく、リスクがあることもやってくる相手なので対応したい。

◇痛かったミス
 目黒萌絵 (6点差を逆転した)朝のロシア戦も内容は良くなかったので気持ちを引き締めて臨んだが、序盤に簡単なミスから失点したのが痛かった。3敗同士のあしたのスイス戦は負けられない。入り方を大事にして、いい流れをつくりたい。続きを読む
ラベル:カーリング 五輪
posted by 宝島S at 21:46| 🌁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。