2010年02月11日

香港に3−0で勝利 玉田が2得点

2月11日21時8分配信 スポーツナビ

 サッカー日本代表は11日、東京・国立競技場で「東アジアサッカー選手権2010 決勝大会」の第2戦となる香港戦に臨み、玉田圭司の2得点と田中マルクス闘莉王のゴールで3−0と勝利した。

 日本は小笠原満男、今野泰幸、駒野友一らが先発に名を連ね、平山相太はベンチスタート。岡崎慎司と長友佑都は登録メンバーから外れた。
 激しい雨の降る中キックオフを迎えた試合は、日本が序盤から圧倒的にボールを支配して香港ゴールに迫るも、なかなか得点には至らない。だが41分、玉田がダイレクトでゴールを決め、待望の先制点。日本が1点をリードして試合を折り返した。

続きを読む
タグ:玉田 2得点
posted by 宝島S at 22:39| ☔| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。