2010年02月10日

「国民が幸せを感じていただけることが一番のプレゼント」=鳩山首相

2月10日21時26分配信 時事通信

 「国民が幸せを感じていただけることが一番のプレゼントだ」。11日に63歳の誕生日を迎える鳩山由紀夫首相は10日夕、首相官邸で記者団から欲しいプレゼントを問われるとこう答えた。その後、官邸スタッフらが主催した誕生会に出席した首相は、「今までは政権を取ろうというのが誕生日の誓いだった。

以前の方が楽だったと感じているが、苦があるから将来、必ず楽がある」とあいさつ。内閣支持率が下落する中、政権運営に苦しむトップリーダーの苦悩ものぞかせていた。 

posted by 宝島S at 22:37| ☔| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

大毅王座返上へ…近日中に家族会議

2月9日9時59分配信 デイリースポーツ

 ボクシングのWBA世界フライ級王者・亀田大毅(21)=亀田=が、王座を返上する可能性が出てきた。王座奪取から一夜明けた8日、神戸市内で前日の試合後に体調不良で倒れたことを明かした。厳しい減量の影響によるもので、今後、フライ級にとどまって王座を防衛していくのは難しい状態。近日中に家族会議を開き、返上か防衛かの答えを出す方針。返上ならSフライ級で2階級制覇を狙うことになり、WBA同級王者・名城信男(28)=六島=と対戦する可能性も出てくる。

  ◇  ◇

 日本ボクシング界初の兄弟世界王者誕生から一夜明け、大毅が衝撃的な“事実”を告白した。試合直後に全身が震えだし、39度近くの熱が出た。震えは止まることなく、血尿まで出たという。予定していた祝勝会には出席せず、試合会場からホテルに直行。半ば意識を失った状態だった。続きを読む
posted by 宝島S at 21:49| ☁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮の金総書記、朝鮮半島の非核化を約束

2月9日11時20分配信 ロイター

 [ソウル 9日 ロイター] 中国の新華社によると、北朝鮮の金正日総書記は、訪朝した中国共産党の王家瑞・対外連絡部長との会談で、朝鮮半島の非核化を約束した。

 金総書記は「朝鮮半島の非核化に向けた粘り強い姿勢」を強調したという。

 朝鮮中央通信社(KCNA)によると、王家瑞・対外連絡部長は8日に金総書記と会談、胡錦濤・国家主席からのメッセージを口頭で伝えた。
posted by 宝島S at 21:46| ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8億円の防衛省無人機が落下

2月9日19時45分配信 時事通信

 防衛省技術研究本部は9日、硫黄島周辺で飛行試験していた無人偵察機の試作機のエンジンが停止し、安全確保のため海に落下させたと発表した。水深が深いため、回収はしないという。

 技本によると、同日午前9時45分ごろ、F15戦闘機に搭載された無人機を発進させたが、約1分後にエンジンが停止しているのを地上で確認。同50分ごろ、F15からの指令で硫黄島の北北西約155キロの海上に落下させた。

 無人機は全長5.2メートル、全幅2.5メートル、全高1.6メートルで、事前のプログラムに従って飛行し、基地に戻る仕組み。

 2004年度から開発に着手しており、総経費は103億円。試作された4機のうち2号機が落下した。1機約8億円という。4機は昨年12月に飛行試験を開始。来年度、空自に引き渡し、運用方法などを検討する予定になっている。 
posted by 宝島S at 21:44| ☁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

街角景気、2カ月で連続改善-下げ止まりの傾向

2月8日16時18分配信 産経新聞

 内閣府が8日発表した1月の景気ウオッチャー調査によると、街角の景気実感を示す現状判断指数は前月から3.4ポイント改善して38.8となり、2カ月連続で上昇した。消費者の節約志向が続いているものの、エコカー減税やエコポイント制度の影響によって、新車販売や薄型テレビの販売が好調に推移。客数に下げ止まりの傾向がみられる小売店が増えている。

 先行き判断DIも、前月比5・6ポイント上昇し41・9となった。内閣府では、「景気は、下げ止まっていたものの、引き続き弱い動きがみられる」としている。

 景気ウォッチャーの声では、「目標台数には達成しなかったが、前年比、前々年比も確実に大きく改善している」(南関東の乗用車販売店)とし、エコカー特需は年明け以降も続いている。ただ、「セールもまとめ買いが少なく、吟味した買い方が目立っている」(南関東の百貨店)、「薄型テレビの販売台数は好調だが、単価の下落が激しく、お客の財布のひもは固い」(近畿の家電量販店)、「3割引で購入していた客も、半額になるまで待っている」(近畿の衣料品専門店)といった、節約志向の強まりによるデフレ進行を指摘する声も目立つ。高額商品が売れにくくなっている。
タグ:景気 改善
posted by 宝島S at 21:31| 🌁| Comment(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺人の時効撤廃=政府、刑訴法改正案提出へ

2月8日18時6分配信 時事通信

 凶悪犯罪の公訴時効制度の見直しを検討している法制審議会(法相の諮問機関)の専門部会は8日午後、殺人など死刑に相当する罪の時効を撤廃するとともに、傷害致死罪などの時効も原則2倍に延長することを柱とする答申案を決めた。新制度施行時に時効が成立していない過去の事件にさかのぼって適用することも盛り込んだ。これまですべての犯罪に時効を定めてきた刑事政策の転換となる。

 法制審は近く総会を開いて見直し案を正式決定し、月内にも千葉景子法相に答申する見通し。これを受け、政府は刑事訴訟法改正案を今国会に提出する方針だ。

 時効撤廃の対象は、殺人、強盗致死、航空機強取等致死など死刑に相当する罪。延長の対象は、人命を奪う無期懲役以下の罪で、具体的には(1)強姦(ごうかん)致死などは30年(2)傷害致死などは20年(3)業務上過失致死などは10年−にそれぞれ延長するとした。単純な過失致死罪の時効は3年に据え置いた。
タグ:殺人 時効 撤廃
posted by 宝島S at 21:26| 🌁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

亀田大毅が判定勝ち 日本初の兄弟王者誕生

2月7日21時11分配信 毎日新聞

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ12回戦が7日、神戸・ワールド記念ホールで行われ、同級11位、亀田大毅(21)=亀田=が王者のデンカオセーン・カオウィチット(33)=タイ=に3−0で判定勝ちし、自身3度目の世界挑戦で初の王座を獲得した。兄興毅(23)=亀田=は世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者で、日本人初の兄弟世界王者となった。

 デンカオセーンと亀田大は昨年10月に対戦し、デンカオセーンが判定勝ちしていた。デンカオセーンは3度目の防衛に失敗した。国内ジムに所属する男子の現役世界王者は、史上最多タイの7人に増えた。

 WBA女子スーパーフライ級タイトルマッチ10回戦もあり、王者の天海ツナミ(25)=山木=が同級9位、シャニー・マーティン(28)=英国=を3−0の判定で破り、初防衛に成功した。
posted by 宝島S at 22:54| 🌁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

東アジア選手権 日本代表、決定機を生かせず0−0

2月6日21時16分配信 産経新聞

 サッカー東アジア選手権の日本−中国は6日、東京・味の素スタジアムで行われ、0−0のスコアレスドローに終わった。

 先発には、故障や体調不良で2日の国際親善試合ベネズエラ戦を欠場したFW玉田(名古屋)、DF内田(鹿島)らが名を連ね、MF小笠原(同)は出番がなかった。

 前半13分にはサイドチェンジから右サイドをオーバーラップした内田がゴール中央へクロスをあげ、岡崎が飛び込む。相手DFにクリアされたこぼれ球を大久保がダイレクトでシュートしたが、ボールはクロスバーの上へ。同28分には左サイドで長友が思い切りよくシュートを放つが、ボールは右にそれた。続きを読む
posted by 宝島S at 21:46| 🌁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死刑制度容認85・6% 「廃止」大幅に上回る

2月6日17時59分配信 産経新聞

 死刑について、「場合によってはやむを得ない」と容認する声が85%を超え、否定的な意見を大幅に上回っていることが6日、内閣府の発表した「基本的法制度に関する世論調査」で分かった。また、政府の法制審議会で「廃止」が検討されている殺人などの公訴時効についても初めて調査され、54・9%が「短い」と回答。結果について、法務省は「死刑は肯定的に受け止められ、時効制度見直しも求められている」と説明している。

 調査は昨年11月〜12月、全国の成人3千人に面接で実施。64・8%(1944人)から回答を得た。

続きを読む
タグ:死刑制度
posted by 宝島S at 21:42| 🌁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

ユーミン宣言「私は引退しない。あと30年」

2月5日7時2分配信 スポニチアネックス

 ポップス界の女王、松任谷由実(56)の冬の恒例ライブ「SURF&SNOW in Naeba」が4日、新潟県の苗場プリンスホテルで開幕した。81年のスタートから30年目の記念公演。ライブと同じ81年生まれの横綱・朝青龍とは昨年夏に対談。突然の引退表明に「憎めない、チャーミングな人だった。まだ勝負するって気持ちはあったはず」と無念な思いを代弁した。

 30年以上にわたってポップス界をけん引してきたユーミン。若貴ブーム後の相撲界を引っ張ってきた朝青龍の引退表明に「横綱はいつか引退しなければならない。アスリートにはみんな引退があるから…」と話し、頂点にいる者だからこそ自ら決断しなければならない宿命を実感していた。

 「朝青龍引退」のニュースを耳にしたのは最終リハーサルに入る直前の午後3時すぎ。玉ノ井親方(元大関・栃東)と親交があるなど相撲好きで、横綱とは昨年8月に一般紙の対談企画で対面した仲。本番前、取材陣の質問に「チャーミングな人だなあと思った。憎めない感じでね」と印象を語った。

続きを読む
posted by 宝島S at 19:58| 🌁| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。