2010年01月29日

35歳、内藤大助が現役続行を表明

1月29日16時2分配信 サンケイスポーツ

 ボクシングの前WBC世界フライ級王者・内藤大助(35)=宮田=が29日、会見を開き、現役続行を表明した。内藤は昨年11月、亀田興毅(23)=亀田=に敗れて王座から陥落。去就について明言を避けていた。

 内藤は昨年11月の興毅戦で0−3の判定で敗れ、6度目の防衛に失敗した。この一戦以来、2カ月の間は家族とのだんらんや、関係者へのあいさつ回りをしていたという。27日、09年ボクシング年間優秀選手表彰式で努力賞を贈られた際、今後の去就について「近いうちに発表しないといけない」と早急に結論を下す考えを明かしていた。
ラベル:現役 内藤大助
posted by 宝島S at 22:29| ☁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4大陸フィギュア 浅田が逆転で2回目V 鈴木は2位に

1月29日17時53分配信 毎日新聞

 【全州(韓国)来住哲司】フィギュアスケートの4大陸選手権は第3日の29日、当地の全州華山氷上競技場で2種目が行われた。女子のフリーは、ショートプログラム(SP)3位の浅田真央(中京大)が1位となり、計183.96点で2年ぶり2回目の優勝を決めた。SP首位の鈴木明子(邦和スポーツランド)が計173.72点で2位、SP4位のキャロライン・ザン(米国)が計160.78点で3位。SP5位の今井遥(東京・日本橋女学館高)は計155.29点で5位だった。アイスダンスのフリーは、オリジナルダンス(OD)まで首位のケイトリン・ウィーバー、アンドルー・ポジェ組(カナダ)が計166.16点で初優勝した。

◇浅田「五輪金メダル、80%くらい近付く」続きを読む
posted by 宝島S at 22:20| ☁| Comment(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。