2010年01月19日

予防医療 人間ドックは効果大

1月19日12時38分配信 産経新聞

 「(自覚症状は)なく、人間ドックを受けていなかったら分からなかった。皆さんも年1度は受けた方が良い」−。食道がんの治療のため活動を休止した世界的指揮者の小澤征爾さん(74)は病気を公表した7日の会見で、「人間ドック」の必要性を繰り返し強調した。病気の治療と異なり“健康体”を対象とした検査とあって定期的に受ける人はまだ少ないが、がんや心臓疾患などの早期発見には有効。予防医療の観点からの効果は大きいようだ。(道丸摩耶)

◆早期がんを発見

 人間ドックのパイオニアである聖路加国際病院(東京都中央区)。同院では、1週間、3日、2日の3種類の宿泊型人間ドックを用意。基本料金は約22万〜約67万円と高いが、ドック事務室の鈴木宏彰さんは「すべてのコースを合わせて、年間800件くらいの利用がある。利用者の平均年齢は70代くらい」と話す。1泊2日コースを新設した今年度は新たな利用者も増えたが、全体の6〜7割はリピーターだ。

 人間ドックを受けると何が良いのだろうか。続きを読む
posted by 宝島S at 21:23| ☀| Comment(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日航株、2月20日付で上場廃止

1月19日18時9分配信 読売新聞

 東京証券取引所は19日、日本航空(東証1部)の株式を同日付で整理銘柄に移し、2月20日付で上場廃止にすると発表した。

 同19日までの1か月間は取引できる。一方、この日の東京株式市場で、日本航空株は一時、前日比2円安の3円まで下落した。終値は前日と同じ5円だった。
posted by 宝島S at 21:20| ☀| Comment(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平沼元経産相-蓮舫議員について「元々日本人じゃない」などと発言

1月19日11時17分配信 Record China

2010年1月、日本華字紙・日本新華僑報ウェブサイトは記事「日本の中国系議員・蓮舫氏が政界で差別に=メディアの注目集める」を掲載、蓮舫議員、平沼元経産相について紹介した。

元経産相は政府の事業仕分けを批判した延長上で、仕分け人を務めた蓮舫議員について「元々日本人じゃない。キャンペーンガールだった女性が帰化して日本の国会議員になって、事業仕分けでそんなことを言っている。そんな政治でいいのか」などと発言した。続きを読む
posted by 宝島S at 21:18| ☀| Comment(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。