2009年11月16日

キム・ヨナが優勝、村主は4位−スケートアメリカ

11月16日9時3分配信 時事通信

 【レークプラシッド(米ニューヨーク州)時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、スケートアメリカ最終日は15日、当地で行われ、女子は前日のショートプログラム(SP)1位の金妍児(韓国)が自由で2位となったものの、合計187.98点で優勝した。第1戦のフランス杯に続く今季GP2勝目で、シリーズの上位6選手が争うファイナル(12月3日開幕、東京)進出も決めた。

 自由で1位のレイチェル・フラット(米国)が合計174.91点で2位。SP4位の村主章枝(AK)は自由で5位となり、合計148.99点で4位だった。

 アイスダンスは、トリノ五輪銀メダルのタニス・ベルビン、ベンジャミン・アゴスト(米国)組が制した。 

posted by 宝島S at 21:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“豆電球”をLEDにチェンジ! 電気代は、明るさはどうなる?

11月16日(月) nikkei TRENDYnet

 省エネ&長寿命で注目のLED電球。大手量販店に特設売り場が登場するなど、不景気の中でも“売れる”アイテムとしてメーカー、小売店の期待は大きい。しかも、年末は電球や蛍光灯を交換することが多い大掃除が控える。今後も消費者の関心を増々集めそうだ。

豆電球こそLEDに交換するメリットが大きい?

 今回は寝るときに点けっ放しにする人が多いと思われるベビー電球、通称“豆電球”をLED電球に交換してみたい。いい大人が豆電球を点けっ放し? と思われるかもしれないが、「真っ暗だと不安で眠れない」「子供が怖がるから」といった理由で豆電球を常夜灯として使っている人は多いはずだ。長時間使うことが多い豆電球こそ、省エネのLED電球にもってこいの用途ではないだろうか。

続きを読む
posted by 宝島S at 21:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマ大統領の両陛下への「お辞儀」、米で波紋

11月16日11時12分配信 読売新聞

 【ワシントン=本間圭一】オバマ米大統領が14日に皇居・御所を訪問した際に天皇、皇后両陛下に対し行った「深々としたお辞儀」が米国内で波紋を呼んでいる。

 保守系メディアは米大統領の外交儀典上、不適切だと批判し、大統領の際立った低姿勢ぶりに疑問を投げかけている。

 FOXテレビは15日、オバマ大統領のお辞儀の場面と、2年前に当時のチェイニー副大統領が天皇陛下との面会で頭を下げずに握手する映像を比較。その上で、オバマ氏の今回の行動は「大統領として適切ではない」などと批判した。また、ロサンゼルス・タイムズ紙のウェブサイトは、今回の皇居訪問の際の写真と、オバマ大統領が4月にロンドンでの国際会議で会ったサウジアラビアのアブドラ国王に深く頭を下げたように見える写真を掲載して、「新しい米国大統領は、世界の王室にどこまで低姿勢で行くのか」と皮肉った。
posted by 宝島S at 21:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国で洗濯物の外干し増える=乾燥機からエコ重視へ

11月16日6時16分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】洗濯乾燥機の利用が一般的な米国で、環境意識の高まりとともに洗濯物の外干しが見直されている。複数の州で、一部地域に残る外干し規制を撤廃する動きが相次いでおり、身近なエコの取り組みに道が開かれつつある。

 米国では屋外の洗濯物は「景観を阻害」、「貧しさの象徴」といった意識が根強く、目にすることはまれだ。洗濯物が干してある地区では家屋の不動産価値が下がるとの声すらあり、米民間団体「プロジェクト・ランドリー・リスト」によれば、外干しに罰金が科される例もある。

 しかし、乾燥機が家庭の電力消費量の少なくとも6%を占めるとの試算もある中、コロラド、ハワイ、メーン、バーモント各州が今春までに規制の緩和・撤廃法案を可決。同団体の調査ではメリーランド、バージニアなど8州でも追随する動きがあり、環境保護や節約を促す流れが強まっている。
posted by 宝島S at 21:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GDP高成長で二番底回避の公算

11月16日14時52分配信 ロイター

 [東京 16日 ロイター] 2009年7─9月国内総生産(GDP)は、民需中心に予想以上の高成長となり、懸念されていた景気の二番底は回避されるとの見方が市場関係者の間で広がった。

 この先2四半期程度は、在庫回復の勢いが一巡するとともに輸出が鈍化し、公共投資の削減も予想されるため、来年初めにかけて踊り場局面に突入する可能性が高いが、予想以上に好調な外需と設備投資がけん引役となって、踊り場から再度、回復基調に戻るとの期待感がエコノミストの中で強まっている。一方で、内需デフレーターが大きな落ち込みとなり、デフレ圧力が一段と高まっている中、景気への影響を懸念する声も出始めている。 

 <10─12月もモメンタムは継続> 

 金融危機以降の日本経済は、公共投資など公的需要が景気を下支えし、民間需要はマイナス成長という構図が続いてきたが、7─9月はようやく民間需要が力強い伸びを示した。

続きを読む
posted by 宝島S at 21:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミスト散布でインフル退散?「ドライ型ミスト装置」で実証実験

11月16日15時47分配信 産経新聞

 病院や学校など人が多く集まる大規模な室内空間の乾燥を抑え、新型インフルエンザなどの感染拡大を防ごうと、大阪市水道局は16日、水道技術センター(東淀川区)で、水道水を霧状にして散布する「ドライ型ミスト装置」を使った実証実験を始めた。

 この装置はもともと、「日本一暑い」といわれる夏の大阪都心部を冷やそうと、水道局が平成17年から実用化に向けて研究し、屋外で普及を進めている。装置の通年利用を検討していたところ、昨年冬に医療機関から「室内の湿度対策が難しい」との相談が寄せられた。続きを読む
posted by 宝島S at 21:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜中華街>ここ数年で激増した甘ぐり販売店

11月16日17時20分配信 毎日新聞

 横浜中華街(横浜市中区)に今秋、「栗(くり)の押し売りに注意」と書かれた立て看板が登場した=写真。ここ数年で激増した甘ぐり販売店によるし烈な客引き合戦で、警察などにクレームが入るようになったためだ。設置した横浜中華街発展会協同組合は「お客さまに『いらない』と断る根拠にしていただければ」と説明する。年間約2000万人の観光客が訪れる中華街は、よりよい「自治」のあり方を模索している。【池田知広】

 「不法な客引き・ビラ配り 栗の押し売りにはご注意ください。」続きを読む
posted by 宝島S at 21:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「親に頼る考えない」=市橋容疑者

11月16日19時25分配信 時事通信

 千葉県市川市のマンションで2007年、英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された市橋達也容疑者(30)の弁護団が16日、記者会見し、同容疑者が接見で「親に頼る考えはなく、連絡を取ってほしくない」と述べたことを明らかにした。
posted by 宝島S at 20:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。